ポテト三昧

今回のドイツ旅行中の食事。

朝食の時以外、毎回必ず出されたのが、ポテト。

付け合せにポテトが出てこなかったことがなかったないくらい、メイン料理のサイドには欠かせないものらしい。

マッシュポテトだったり、

『芋もち』みたいな真ん丸のお団子みたいのだったり、

軽くバターでソテーしたものだったり、

粉ふき芋だったり、

焼いたり、揚げたり、ゆでたり、つぶしたり・・・。

姿、形をさまざまに変えて、かならずメインに寄り添ってくる。

というより、時に主役を食うほどの存在感。

ランチの時も、パンじゃなくて常にポテトと一緒。


ドイツでは、サラダ用、スープ用、揚げ物用など、用途に合わせていろんなポテトが作られていて、種類もかなり豊富。

日本人が、ちょうど「コシヒカリ」だの、「あきたこまち」だの、「ひとめぼれ」だのと、お米の銘柄にこだわりがあるのと同じように、ポテトに対しては、相当なこだわりがあるらしい。

パンも種類が豊富で、本当においしかったけど、ドイツはやっぱりポテトに限る!

色が黄色がかっていて、ほっくほく。

北海道産『キタアカリ』に味や食感がよく似ていて、本当においしかった。

ポテト三昧のドイツ。

8日間で、いったい何個のジャガイモを食べたんだろ。。。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、今回の旅の写真を更新していますので、よろしかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です