『リストランテ テルツィーナ』

今日は、久しぶりに姉とランチ。

いつもは自信たっぷりで元気いっぱいの姉だけど、最近、仕事上で悩み多き日々を送っているらしく、珍しく凹み気味。

「おいしいものが食べたい」というリクエストで選んだのが、中央区のイタリアンレストラン『リストランテ テルツィーナ』(←HPは店名をクリック。札幌市中央区南2条西1丁目アスカビル2F 011-242-0808)。

驚くほど座り心地のいい椅子と、色彩的にとっても落ち着いた内装。

お料理もとってもお上品。

大きなお皿の真ん中に、ほどよく盛り付けられた前菜。

こちらは、イカ墨とニラ、カニのパスタ。

ゴルゴンゾーラのリゾット。

どれも、とってもおいしくって大感激!

いずれも少量なので、「もう少し食べたい・・・」と思わなかったと言えば嘘になるけど(私もかなり正直だな)、コースが終わるころには、ちゃーんと程よくお腹が満たされているから不思議。

初めてこのお店に来たのは、もう数年前。

根っからの貧乏性で、その時は、まだこういった感じのお店にはなれてなかったせいもあって、麦わら帽子みたいに大きなお皿に盛り付けられた一口サイズの料理を見たときには、「あの料金で、これだけなの?」って、驚愕のあまりワナワナと手が震え、動揺して声が上ずったものだけど、今は私も大人になった。

こういう上品バランスにもすっかり慣れた。

もう驚かない。

おいしいものを少量ずつ・・・が最もおいしく料理を楽しむコツ。

食に関しては、とにかく「質より量」が私のこれまでの基本スタンスだったけど、年々代謝が悪化していることも考えて、そろそろ見直さなきゃとつくづく感じている今日この頃。

たまには、こういうお店で、「お腹いっぱい食べること」じゃなくて、「きちんと味わう」ことを覚えていかなくちゃ。

そして、忘れちゃいけない、このお店に来るたびにとっても気になるのが、雑誌の表紙を飾ったこともある、一番奥の『特等席』。

ドレープのカーテンで仕切られた雰囲気のいいテーブル。

オブジェじゃなくて、ちゃんと利用することがあるのだとか。

その「きちんと」感ゆえ、なかなか気軽には来れないお店だけど、何か特別な日に是非おすすめ。

記念日に2人でささやかにお祝いを、という時にはぴったりのお店。

そんなときは、奥の『特等席』の予約をお忘れなく。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、今回のドイツ旅行の写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です