秋の気配

異常だったこの夏の猛暑も峠を越え、朝晩が一気に涼しくなって、すごしやすくなってきた札幌。

早朝の公園は、思いっきり深呼吸したくなるほど、本当にさわやかで気持ちがいい。

公園の緑がまぶしすぎるくらい・・・。

つい昨日まで、本当にそう思っていたはずなのに、今朝、ふと見上げると、木の葉がかすかに色づき初めているのに気がついた。

よくよく周囲を見渡すと、『ななかまど』の実も色付きはじめてる。

『ななかまど』は、北海道でよく見られる樹。

街路樹や家の庭先にもよく植えられていて、秋になると実が熟して真っ赤になる。

雪で真っ白に閉ざされた単調な世界に、真っ赤な実が色鮮やかに美しく映えて、北国の人たちが、この樹を好むのがよくわかる。

この夏、ドイツ、アルプス山系の麓で見た『ななかまど』。

ドイツの気候は、北海道とほぼ同じ。

車窓から見た三大街道の景色は、見渡す限りの大自然。

植物もほとんど同じで見慣れたものばかりで、北海道の景色そのものだった。

ドイツらしい建物が見えなければ、『美瑛』あたりを車で走っているのかと錯覚しそうなほど。

南ヨーロッパは、猛暑のニュースが連日のように入ってくるけど、今年の中欧はむしろ寒い夏。

7月の終わりだったにも関わらず、今の札幌の『ななかまど』より、ずっと色が赤くなっているのは、きっと夏の寒さのせい。

今日、7時前に会社を出たら、外がもう真っ暗になっていて驚いた。

つい先日まで、夜7時は、まだうっすらと明るかったのに・・・。

8月ももう終わり。

気づかないうちに、秋が一歩一歩近づいてきている。

北海道の秋は急速に進む。

昨日まで、「暑いですね」が合言葉だったけど、『ななかまど』の真っ赤な赤い実が、真っ白な雪の綿帽子を被る日も、そう遠くはなさそう。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、今回のドイツ旅行の写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です