バブー、真夜中の活性化

いつもは、夜、私と一緒にベッドルームに行くと、すぐにスヤスヤ寝息をたてて眠りに入るバブー。

だけど、たま~に、私が夜遅く12時過ぎに帰ってくると、興奮のあまりすっかり体内時計が狂ってしまうのか、真夜中に、ありえないほど活性化

私は、午前様の帰宅=かなり酔っ払い状態なので、バブーの相手などできるわけもなく、ものすごい睡魔と疲労に襲われてヨレヨレなのに、

「ね、遊ぼ!」って、迫ってくる。

無視して横になっていると、自分の大好きなおもちゃをくわえたまま、思いっきり突進。

7キロの体重と、勢いをつけたスピードで、私の顔や頭にドーンって、おもちゃごとぶつかってきて、猛烈アピール。

実際は、「遊ぼ!」なんて、かわいいもんじゃない。

「おい、こら、遊べっ!」って、かなり鬼気迫る感じ。

まさに『鬼っ子』。

もう、本当に手に負えない

ポールいわく、私に対してバブーは、「ノー・リスペクト」。

「ちゃんと遊んでくれるまで、寝ないもん!

そんなにアピールされても、無理なものは無理。

諦めさせるためには、電気を消して真っ暗にしてしまうしかない。

そうすれば、バブーも落ち着くに違いない。

そう思って立ち上がり、電気を消そうとする私を切ない表情で見上げるバブー。

お願いだから、そんなウルウルした目で見ないで!

お願いだから、寝てっ!

だって、もう真夜中なんだからっ!

そんな私の願いはいつも届かず、暗闇の中、活性化しているバブーの荒々しい鼻息と足音だけが、フガフガ、ドンドン聞こえてくる。

今じゃ、その鼻息と足音を子守唄に、フツーに眠りにつくことができるようになった私。

我ながら、たいしたもんだ。

そんな夜はいつも、睡魔に勝てるものはこの世に存在しないと確信する。

人気ブログランキングへ。ココからクリックで応援していただけるととっても嬉しいです。

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です