それぞれの犬物語


←人気ブログランキングに参加中♪

外に出ると、秋の匂いがする。

冷たい風と、落ち葉の匂い。

読書の秋、第一弾として、『64の犬物語』を読んだ。

「全国から公募した愛犬にまつわるエピソードの作品集」で、入選した64の実話が収録されている。

この手の本に、最近私は本当に弱い。

ちょっと読み始めただけで、もう涙、涙。

心温まる話あり、悲しくて泣ける話あり。

単なる「愛犬自慢」ではない、犬と人のさまざまな心の交流が、飾らない文章でつづられている。

それぞれの犬物語は、昨今のペットブームの中、人として忘れてはいけない「大切な何か」を訴えかけてくる。

バブーのことを思いながら貪るように一気に読んだ。

振り返ると、そこにはいつも必死で私の姿を探して追いかけてくるバブーがいる。

すっかり退屈していたり、

思いっきり楽しそうに走り回っていたり、

笑顔で楽しさを爆発させてみたり、

毎日、本当にいろんな表情を見せて、私を心から癒してくれる。

そんなバブーが、とにかくいとしくてたまらない。

バブーはまだ1歳半。

これから、ポールとバブーと私は、2人と1匹でどんな物語を作っていくことになるんだろう。

楽しくて、幸せいっぱいの物語をたくさん作ってあげたいな・・・と心から思う。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです!

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

“それぞれの犬物語” への2件の返信

  1. 初めまして。いつも楽しませてもらっております。「64の犬物語」私も10日買い、読み上げたばかりです。犬を愛する人はどの章の話も感情移入できますよね。

  2. >todaimoさん
    はじめまして{スマイル}
    こちらこそ、いつも読んでいただいて本当にありがとうございます。
    バブーを飼いはじめてからというもの、犬の話になると、感情移入、どうしてもしてしまいます。
    「64の犬物語」もどれもこれも切なくて、愛しくて。
    読み終えて、思わずバブーを抱きしめてしまいました。
    今から、自分が将来「ペットロス症候群」になることを予知している私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です