『ALWAYS・続3丁目の夕日』


←人気ブログランキングに参加中♪

『ALWAYS・続3丁目の夕日』を観た。

わかっってはいたけど、また泣けた。

音楽を聴いただけで、あの映像を見ただけで、なんとなくじんわり心が温かくなって泣けてきた。

昭和34年夏の東京。

私が生まれるずっと前の話だけど、なんとなく懐かしい。

大人も子供も、みんな一生懸命に生きていた頃の話。

近所に困った人がいれば、喜んで手を差し伸べ助けてあげる、そんな時代の古き良き日本。

ネタバレになるので、詳しくは書けないけれど、一生懸命頑張る人を、周囲の人が心から応援している温かさに泣けてくる。

今の時代は、頑張る人を応援する人と、馬鹿にする人がいる。

そして、馬鹿にする人をクールでカッコいいともてはやすような風潮がある。

個人主義がはびこり、人とうまく関われない人も増えている。

そんな時代に生きている私たちに、「家族の絆」や「本当に大切なもの」を見つめ直す機会を与えてくれる、そんな映画だった。

お母さん役の薬師丸ひろ子がいい。

古き良き日本の母。

私には、まだ子供がいないけど、もし子供ができたら、こんなお母さんになってあげたいと思いながら見た。

踊り子役の小雪がいい。

あのなんともいえない儚さが同性ながらたまらない。

小雪の泣き顔を見て、もらい泣きしない人はいないと思う。

堀北真希ちゃんもいい。

あの東北弁がなんとも可愛くてたまらない。

キャストは前作と変わらず、役者揃いで、安定感も充分。

私は札幌育ちなので、東京タワーならぬ、「札幌テレビ塔」が私が成長してきた時代の象徴。

映画を見たあとは、毎朝毎晩見ているテレビ塔を見る目も違ってくる。

なんとなく愛着がこもってくる。

それにしても、今回映画を見ていて大変だったのが、私のお腹。

午後の時間帯の映画を空腹で観にいったのが悪かった。

シーンとしている場面で、周囲の人すべてに聞こえるような大音量で、『ぎゅるるるーー』。

極めつけは、当時高級菓子として珍重されていたシュークリームが出てきた場面。

あまりにおいしそうで、信じられないような大きな音で、またもや『ぎゅるるるーーー』。

隣で一緒に見ていた妹も絶句。

それが、我ながらおかしいやら恥ずかしいやら。

笑っちゃいけないと思うと余計におかしくなって、思わず嗚咽が・・・。

とにかく泣き笑いの2時間。

飽きることなく魅せてくれるので、気持ちが「ほっこり」したい時にお勧め。

是非、家族と一緒か、あるいは、これから家族となる人と見てもらいたい素敵な映画です。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです!

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

“『ALWAYS・続3丁目の夕日』” への4件の返信

  1. 体調はいかがですか?良くなりましたか?お大事になさって下さいね{カプセル}
    この映画、私も観たいな~て思っています{ルンルン}
    もう観た友達も、おすすめって言っていました{スマイル}
    ほっこりしたい時に、腹ごしらえをしてから、観てみますね{笑}
    イルミネーションがとっても綺麗ですね{キラリ}
    バブーちゃんも、紅葉を堪能していて、可愛いです~{ラブ}

  2. 初めまして。
    札幌出身、千葉在住の者です。
    テレビ塔のイルミネーション、懐かしくて思わずコメントしてしまいました。
    もう札幌は寒いのでしょうね。
    ワンちゃんもとっても可愛い~。
    見ていると癒されますね。
    飛行機代が高くて1月の帰省を躊躇してたのですが、
    やっぱり帰ろうかなぁ~。

  3. >ヒロリさん
    週末ゆっくり休めたお陰で、風邪は、ポールも私もすっかりよくなりました。
    ご心配いただき恐縮です{ハッピー}
    是非、この映画見てみてください。
    なんとなく、ふんわりと優しい気持ちになれる映画です。

  4. >メグッピさん
    初めまして。千葉にお住まいなんですね。
    私も以前、千葉・君津市に2年ほど住んでいたことがありますので、千葉の響きに懐かしさを感じます。
    札幌は、すっかり寒くなりました。
    明日は、平地でも雪になるらしいです。
    そろそろ、雪の写真が登場しそう。
    ブログを見て、故郷「札幌」を懐かしく思い出してくれる人がいると思うと、私もとってもうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です