魔法の呪文


←人気ブログランキングに参加中♪

毎朝、毎朝、落ち葉の中をくんくん、くんくん、「小さい秋」(=「食べ物」)を探すのに必死のバブー。

私が遠くに歩いていくのもまったくお構いなし。

「後で探せばいいや」、くらいに思っているとしか思えないような余裕。

でも、どんなにバブーと離れたって、飼い主の私も余裕。

バブーの姿が豆粒になるくらい遠ざかった頃の限界地点で、ある呪文を唱えるとバブーは必ず飛んで戻ってくる。

その魔法の呪文は、

「バブー、バイバ~イ」。

「もう置いていくからね」という意味で使い始めた私の口癖が、いつの間にかバブーには、「戻れ」の合図になっていたらしい。

この呪文を聞くと、バブーはどんな遠くにいても必ず飛んでくる。

必死になって追いかけてくる。

お得意のゴロゴロ遊びをしているときに、この呪文を唱えると、

頭に枯れ葉をいっぱいつけて、すぐにむくっと起き上がる。

今朝も、はるか彼方にいるバブーに呪文を唱えてみた。

「バブー、バイバ~イ

やっぱりバブーは飛んできた。

立派な立ち耳が全部後ろに倒れるほどの超高速走行。

『耳なしバブー』が飛んできた。

「はぁ、間に合って良かった

それにしても、「バブー、バイバ~イ!」っていう掛け声ってどうなの?!

「バブー、戻れ!」で覚えてもらえばカッコ良かったのに・・・と、ちょっと切なくなる今日この頃。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです!

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です