『人間力』って・・・。

←人気ブログランキングに参加中♪

最近なんだか愚痴が多い。

一応、オトナなので、顔には出さないように心がけてはいるけど、元来短気な性格なので、心の中では、「ファ○キング、○○!」とか叫んでること、しょっちゅう(ヤバっ!でも、すぐに忘れる。それが私の特技でもある)。

かなり大人げない、と我ながら思う。

それも私の『人間力』の無さゆえ。

最近、友人たちと、「要は『人間力』だよね・・・」、なんて話をよくする。

「○○さんって、すごく素敵な人だと思っていたけど、メールの返信がやたらと遅いし、社会人としての常識にかなり欠けてる人だっんだよね」、

とか、

「○○さんって、仕事はできるんだけど、ものの言い方がね」、

とか。

そして、結論、

「要は、『人間力』がない人ってダメだよね」。。。

自分のことは棚に上げて、そんな会話をやたらとしている自分に、ちょっと距離を置いた自分が「何を偉そうに!」と一番反省。

『人間力』って、最近よく自分でも使ってるし、よく耳にするけど、それって、本当は一体、何?と思ってネットで検索してみると、出てきた、出てきた。

一番分かりやすかったののは、コレ。

「人間力の定義 
『人間力』とは、仕事ができる人や、健全な日常生活をおくっている人が持っている、すぐれた社会的能力のこと=相手の心にはたらきかけて、人を動かす力」。

そう、コレ、コレ。

相手の心に働きかけて、人を動かす力。

数年前に、残念ながら癌で亡くなってしまった元上司。

顔を思い出しただけで、元気だったときに一緒に食事に行ったことを思い出すだけで、とにかく泣けてくる。

葬儀の時には、奥さんに怪しまれたのではと思ってしまうほど号泣。

仕事で知り合ったKさん。

とにかく傾聴がうまい。

だから、なんでも相談したくなる。

英会話教室で知り合った10歳くらい年下のYちゃん。

彼女の人柄からあふれ出る嘘偽りのない優しさ、これまで私が受けてきた優しさに、彼女のためならなんでもしてあげたい!という気持ちにさせられる。

友人Kちゃん。

彼女は、絶対に人の悪口を言わない。

絶対に人のせいにしない。

親友M。

彼女は、私の悪いところをはっきりと指摘してくれる。

そして、もちろん我が夫、ポール。

私がどんなにくだらないことを愚痴っても、黙って聞いて適切なアドバイスをしてくれる。

この人たちのためなら、私は何があっても動く。

周囲に見習うべき『人間力』のある人はたくさんいる。

でも、一方で、見習いたくない『人間力』の無い人もたくさんいる。

他人のことを言うのは簡単だけど、とかく自分のことは見えにくいもの。

『人間力』のある人間になりたいと心から願う。

かく言う私。

さっき、『人間力』診断サイトで診断してみたら、100点満点中45点で『不合格』。

やっぱり。

第一の目標は、心の中で、「ファ○キング、○○!」って叫ばないことから。。。

それにしても、目標、ちっちゃいな。。。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです!

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

“『人間力』って・・・。” への2件の返信

  1. >人間力の定義・・・
    ”人間力”って、すみませんッ 初耳です。。。(汗
    ”社会的能力”←コレ、私には備わってないかもしれないです。(滝汗
    ━━ なにせ、温室育ちなものですから!
    理由は簡単。社会に出る前に、病気を発症したからです。
                           (よって、温室は病院も含む)
    こんな私は、
    人とのかかわりの中で、”寛容さ”を大切にしております。

  2. >かぁりーさん
    『人間力』って、使う人は限られていると思いますが、最近巷でも使う人が増えているような気がします。
    どんな環境にあっても、人とのかかわりの中で、『寛容さ』って本当に大切なことですよね。同感です。
    年を重ねれば重ねるほど、とっても大切なことだって実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です