『ロースト・ターキー』


←人気ブログランキングに参加中♪

「今日のクリスマス・ディナーは僕が作るから!」、と朝から張り切っていたポール。

信じられないほど混み合っている近くのスーパーで、この季節にしか売られていないターキーをゲット。

2.2キロでポールにとってはかなり小さめらしいけど、見つけられただけラッキー。

イギリスでは、8キロくらいが当たり前なのだとか。

その小さめターキーのお尻から、みじん切りしたたまねぎ、にんにく、セージ、タイム、ローズマリーに生パン粉を混ぜたスタッフィングをたっぷり詰め込んで(いやんっ)、

オーブンで丸焼き。

あとは、ちゃんと中までしっかり焼けるように、何度かオーブンから取り出しては、マーガリンを塗ったり、ひっくり返したり。

ただ焼くだけとはいえ、かなり手間ひまかかってる。

その時のポールの表情は真剣そのもの。

というのも、以前ロースト・ターキーを作ってくれた時、外は焦げているのに、中まで充分に火が通っていなくて、中のお肉はピンク色・・・という失敗をしたことがあるから。

焼き加減に細心の注意を払いながら、丁寧に丁寧に焼き上げる。

そして、待つこと2時間。

ついに、こんがりおいしそうなロースト・ターキーが!

バブーもディナー・テーブルから目が離せない様子。

上手に焼きあがっているか、ドキドキしながらナイフを入れてみると、中のお肉がピンクじゃない。

中までよく火が通ってて、本当においしそうにしっかり焼けてる。

叱られるとわかっていても、思わずテーブルに鼻を突き出すバブーの気持ちがよくわかる。

「上出来!」とばかりに、ポールの表情もここでやっとおだやかに。

あとはターキーと一緒にオーブンで焼いたロースト・ポテトとたっぷりの温野菜、マッシュポテトを盛り付けて、ふわふわのブレッドソースを全体にたっぷりかけたらクリスマス・ディナーの出来上がり。

料理を作っている間中、真剣そのものだったポール。

もしかしたら、英会話講師より、料理の先生の方が向いてるかも?!

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです!

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

“『ロースト・ターキー』” への4件の返信

  1. 私はホームステイ先や色んなところでターキーの買い物から
    作る迄何度か観察したことがあります。
    詰め物は簡単そうですが、焼き加減が難しそうですね。
    カナダは、クランベリーソースといってジャムみたいな
    ものをつけて食べるんですけど、最初は”え~”ってビックリ
    したけど、かなりはまりました。
    クリスマスの後は、ターキースープ、ターキーサンド、
    ターキーカレーとしばらくターキーづくしでした。
    久しぶりに食べてみたいなぁ。

  2. >「今日のクリスマス・ディナーは僕が作るから!」
    真剣な眼差しのポールさんですッ
    素敵なクリスマスディナーで、良いイブを過ごされたみたいですね~♪
    うちの食卓は、地味色な普通のメニューでした。 ←魚の煮付け
    昔から、クリスマスに無頓着な様で・・・(汗 
    正月の方に全力投球です=3
    ですから、
    北米で経験したThanksgivingやクリスマスは、よき思ひ出~(笑
    ただ今、気温が17度もあって、掃除してると汗が。。。
    さ、まだまだ頑張るぞぉーッ

  3. >Joyceさん
    そうそう、詰め物だけなら私でもできそうですが、おいしく焼くにはコツと勘が必要みたいなので、私はまだ手出しできません。
    クリスマス・ディナーから3日過ぎましたが、いまだに毎晩ターキーです。まだ残ってます。
    そろそろターキー・カレーにしようかな。。。

  4. >かぁりーさん
    日本はやっぱりクリスマスよりお正月ですよね。
    25日のクリスマス当日は普通に出社しましたが、わかってはいたけど、あまりに普段とかわらない平穏な感じに、なんだかちょっと「今日はクリスマスなのに・・・」って、ちょっと寂しい気持ちになりました。
    気温17度ですか?!
    こちらは日中も氷点下で、歩くたびに雪がキュッキュッと音をたてるほどの寒さです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です