雨ニモマケズ


←人気ブログランキングに参加中♪

「雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている」

息も凍るような寒い朝、尻尾をふりふりお散歩中のバブーを見るたびに、誰もが一度は聞いたことがある、言わずと知れた宮沢賢治の詩『雨ニモマケズ』を思い出す。

こんな吹雪の中でも、

いつもと変わらず、元気に走り、

吹雪なんか、なんのその!

全身雪だらけになってもへっちゃら!

公園で、誰かが作ってくれた『プチ・かまくら』の上に飛び乗り、番犬のようにじっと佇む。

その心境は、まさに

「野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり・・・」、

「みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしは

なりたい」。

朝日に照らされ、後光が差しているかのようなバブー。

連日続くあまりの寒さに、バブーも私もついに「悟り」の境地。。。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです!

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

“雨ニモマケズ” への2件の返信

  1. そう言えば、
    「雨ニモアテズ」という、どこかの中学の校長先生が作った
    現代版「雨ニモマケズ」ってのがありましたね~
     ”雨にもあてず 風にもあてず  雪にも 夏の暑さにもあてず
     ぶよぶよの体に たくさん着こみ
     意欲もなく 体力もなく  いつもブツブツ 不満を言っている
    ―省略―
     叱られもせず こわいものもしらず こんな現代っ子に 誰がした”
    さすがに、9州も寒いですぅぅぅ~(>_<; 廊下を渡ってきたわんコの肉球が、ひんやりと冷たいです。

  2. >かぁりーさん
    これ、うまい!
    初めて聞きましたが、面白い!
    読んだ瞬間、「これ、私だ!」って思いました。
    質素より贅沢、苦労より楽を可能な限り選択し、常に不満ばかり・・・
    ダメですね、ホントよくないって思って、反省しています。
    現代っ子・・・といっていいかどうかは疑問ですが。
    九州もいよいよ寒くなってきましたか。
    とはいえ、札幌の寒さとはやっぱり違うんでしょうね~。
    本当にこの時期、暖かい地方が羨ましくてたまりません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です