洋服の魔力


←人気ブログランキングに参加中♪

今年の春は、『ピンク』が流行るらしい。

あとはゴールド。

モノトーンが多い冬が終わって、春になると『ピンク』や『ゴールド』が街に溢れてるなんて、想像しただけでなんだかウキウキ明るい気分になれるので大歓迎。

とはいえ、洋服選びがただでさえ非常に難しい年代にとっては、この流行色、かなりきつい。

どの雑誌を見ても、今年の春は、ピンクだけじゃなく、鮮やかで華やかな「マカロン・カラー」が流行るのは間違いなさそう。

流行に敏感なわけじゃないけど、とりあえず乗り遅れない程度について行きたい願望のある私としては、今年は見るだけで終わりそうな色がはやる気配にちょっとがっかり。

一番お金がかかっているのに、常に一番無駄な出費だと大いに反省しているのが洋服代。

もうそろそろ衝動買いをするのは辞めようと思いつつ、「お洒落は楽しめる時に楽しまなきゃ!」と悪魔が囁き、いつもその葛藤に激しく悩まされる。

黒のムートン・コートも、キャメルの革のトレンチ・コートも、大物を買うたびに、「これこそ、一生モノ」と、その価値を認め、自分を納得させて大奮発して購入に踏み切ってきたけど、「一生モノ」になってるためしがない。

そうとわかっているはずなのに、仕事帰り、あと数日で終わってしまう、冬物のラスト・バーゲンにまた駆けつけてしまう。

再値下げで、大物買いのチャンス到来!

夏物と違って、ただでさえ高い冬物。

「一生モノ」になりそうな高価なものは、正価では手が出ないだけに、まさに買い時。

そして、また、やっぱり買ってしまった。

今年一番の大物。

カシミアのジャケット。

もう止める!これで絶対止める!

会計をしながらそういつも心に誓う。

自分はこんな風に無謀な買い物をしておきながら、ポールは洋服にまったく興味がないのをいいことに、いつもユ○クロ。

本当は彼のように、擦り切れて穴があくまで大切に大切に長く着る人の方が、高いものを買う価値があるのに・・・。

いまや、ポールの洋服の数はバブーにも負ける。

それを考えると、なんともいえない罪悪感。

それに、他に必要なものは一杯ある。

本当は洋服なんか買ってる場合じゃない。

洗濯機もガタガタ大きな音を立ててもうすぐ壊れそうな気配が漂ってるし、オーブンは10年もので、ポール曰く、そろそろ限界。

掃除機も吸引力が弱くて使い物にならなくなってきてるし、乾燥機も欲しい。

それに比べれば、洋服なんて、別に新しいものがなくたって別に困らない・・・はず。

なのに、「クローゼットは洋服で一杯なのに、着ていくものがない!」というのは、恐らく私のみならず、多くの女性の毎朝の悩み。

逃れられない「洋服の魔力」。

解く術があれば教えてもらいたい。。。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです!

別冊フォトブログ『らぶ・わんこ!らぶ・カメラ!』にて、お気に入りの写真などなど地味に更新していますので、よろしかったらご覧ください。

“洋服の魔力” への9件の返信

  1. はじめまして。「ブログスカウト」の原田と申します。
    東京の渋谷にあるコンテンツ制作会社(ライトアップ)で、
    人気ブロガーさんのスカウトを担当しております。
    「ブログスカウト」 http://blogscout.jp/
    様々なニュースサイトでも紹介されたサービスです。
    http://www.venturenow.jp/news/2007/06/26/2356_014788.html
    現在、弊社では自動車保険の見積もりを一括で出来るサービスを、
    ブログでご紹介して頂ける人気ブロガーさんを探しています。
    指定の素材を掲載していただくだけの簡単なPRですので、
    ぜひともご協力いただければと幸いです。
    ※ご掲載いただいき、条件を満たしていただいた方には、
     謝礼もご用意しております。
    詳細につきましては、メールにてご案内させていただきたいと思います。
    ご興味いただけましたら、以下までご連絡ください。
    すぐにメールにて詳細をご説明させて頂きます。
     ⇒ h.harada@media.writeup.co.jp
    eri-ponさんのご連絡を心よりお待ちしております。
    # 突然コメントを書込みました失礼をお許しください。
    今回、どうしてもご連絡を差し上げたかったのでこのような
    形でアプローチさせて頂きました。
    こちらのブログにふさわしくないようでしたら、お手数ですが
    削除をお願い致します。

  2. はじめまして。ドイツ在住のAKIと申します。
    私も札幌出身、国際結婚組&ウェスティ です。
    大学勤務の夫と結婚しロンドン、ドイツと転々としてナカナカ札幌にも帰れずホームシックになることも。
    我夫の洋服も日本に帰れた時or日本から送ってもらうかでいつもユニクロ。私は海外で生活するようになってから日本で買っていたような高い洋服は買わなく(買えなく・・が正しいです)なりました。
    医療に関しては イギリス・ドイツとも有る意味医療先進国ではありません。
    保険の制度からして日本とは違いますし。
    イギリスでは医療費の高さから歯医者にも行けず、という人たちが多いのが現状です。また失業率は高いままですし、移民問題もありますしね。。
    将来のことネガティブに考えるとホント頭が痛くなります。。が。。
    札幌に帰りたいです~

  3. あまりに納得でコメントしました♪
    こんなに洋服があるのに、なんで着て行く物がないのかしら・・・。
    家計がピンチで洋服は買わない!!と秘かに誓っていたのに
    マカロン色が流行?なんて聞くとやっぱり。
    一生ものと思って買っても、悲しいかな飽きるし型も変わって
    どこかしっくりしないのよね。
    メーカーの戦略に乗りたくない、とか思ったりもするけど
    これは、趣味の一部と思うしかないですね~

  4. 全く同感{ショック}!洋服なんてたくさん持ってるのに、
    「着ていく服が無い~」と騒いでいつも買い足してしまう・・
    そしてバッグ・・女の人はみんな好きだと思うけど、男の人は全く理解できないみたいで「腕は2本しか無いでしょ!」といつも怒られます・・
    だってバッグ好きなんですもの~{グズン}

  5. いつも楽しませてもらっています。洋服の事ですが、すごーっく共感します。この年になっても買っては自己嫌悪におちいり反省し、しかし、また同じ事を繰り返してしまうのです。ホント解く術があるなら私も教えてほしいです。洋服売り場に入らない様にしているのですがね…。

  6. >AKIさん
    初めまして♪
    国際結婚&愛犬=ウェスティなんて、共通点満載でうれしいです。
    ポールからは、イギリスの、特に医療制度のすばらしさを常に聞かされているので、ちょっとびっくりしました。
    ポールの記憶は、日本に来る前の10年前で止まっているので、今とは状況が違うのかもしれませんね。
    Akiさんのコメントを聞かせて、札幌永住を薦めるつもりです{スマイル}
    これからもまた、遊びにきてください。

  7. >miyukiさん
    >まりもさん
    >todaimoさん
    この気持ち、わかっていただけて嬉しいです。
    洋服もバッグも靴も、すでにたっくさん持っているのに、ついつい買い足してしまう女心。
    男性には到底理解してもらえないのでしょうけど。
    見るとどうしても欲しくなってしまうことがあるので、私も絶対に欲しいものがあるとき以外は、洋服売り場に足を踏み入れないように心がけなくちゃ!

  8. >かぁりーさん
    確かに。ズバリ「貧乏!!」ですね{スマイル}
    今から洋服買ってたら、間違いなく夏はほとんど買う余裕がなくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です