ばぶちゃんち


←人気ブログランキングに参加中♪

今では、近所ですっかり人気者になっているバブー。

我が家は「ばぶちゃんち」と呼ばれ、朝、散歩に出かけようとすると、登校途中の元気な小学生が家の前で待っていたりする。

ポールは、ばぶちゃんのパパ。

私は、ばぶちゃんのママ。

そう呼ばれ、「バブーの飼い主」として、周囲にはかなり認知されている模様。

バブーを飼い始めたばかりの頃、外を歩いていたときに、通りの向こう側から、「ばぶちゃんのパパ~♪」と声をかけられたポール。

手を振りながらも、思いっきり苦笑い。

「えっ、なんで?!(←ポールの口癖。日本語)僕はバブーのパパじゃないよ。第一、犬じゃない。バブーのパパは、白いウェスティなのに」。

日本よりはるかに進んだわんこ文化を持つイギリス。

日本ではいまだにペットというイメージが強いけれど、イギリスでは、わんこはペットではなく家族の一員。

むしろ、「○○・ママ」、「○○・パパ」って普通に呼びそうだけど、生物学的に人間が犬の親になることはありえないので、そこはちゃんと一線を引いていて、「○○’s オーナー」としか呼ばないので、初めてそう呼ばれて、かなりの違和感を感じたらしい。

一方の私は、子供がいないせいもあって、「ばぶちゃんのママ」と呼ばれてもまったく悪い気はしない。

むしろ、かなりうれしかったりする。

最初の頃は、そう呼ばれるたびに、ニコニコ顔になる私とは対照的に、思いっきり居心地悪そうな顔をしていたポールも、今となっては、「バブーのパパ」とか「バブーのお父さん」と呼ばれることにもすっかり慣れてまったく平気。

「イギリスでそんな風に呼んだら、相手は、『自分は犬じゃない』ってきっと不愉快に思うよ」、ってポールは言うけど、犬じゃないことは100%分かってるわけだし、中には、私みたいに、そう呼ばれて悪い気がしない人も入るような気がする。

文化の違いを嘆くまでもなく、近所でも、我が家でも、バブーがメインなことだけは、間違いない。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、テリア好きの方は、

にほんブログ村テリアのクリックもポチッと!

“ばぶちゃんち” への6件の返信

  1. eri-ponさん、はじめまして。。。
    アメリカに住むゆきママと申します。
    コメントさせて頂くのは初めてですが、愛くるしいバブーちゃんをはじめとしたステキな写真の数々とともに綴られるeri-ponさんのブログ
    いつも楽しみにさせて頂いています。
    eri-ponさんご夫妻と同様、私達夫婦も子どもはマルチーズの
    ゆきだけです。
    近所の子どもたちからは”Yuki’s mommy and daddy”と呼ばれ
    うれしがってます♪
    私のまわりのアメリカの人々は自身からそう呼ぶ人が多く
    義母も自分の家のワンコに”Come to mama.”などと
    呼びかけています。
    同じ英語圏の国々でも大きなことから小さなことまで
    いろいろな違いがあっておもしろいですネ♪♪

  2. >ポールは、ばぶちゃんのパパ 私は、ばぶちゃんのママ
    飼い主さん達も
    自分のわんコやにゃんコを、”うちの子”と言いますもんねっ(笑
    たまたま居合わせたおばあちゃんと話してて、お孫さんの話しにしては変だなぁと思っていたら、やっぱりネコだった!(イヌだった!)
    ってことがあります。
    >ちゃんと一線を引いていて、「○○’s オーナー」としか呼ばない・・・
    親しき仲にも礼儀あり!? <て違ッ
    梅雨が明けた途端に蝉が鳴き始め、気温が35℃もあったりするK市内。
    近所の外犬たちはみんなやる気なし!で、日中は日陰で でべぇ~と寝てます。きっと、体力を温存しているのでしょう。。。<頑張れ=3
    室内にいるうちのわんコも、こちらはエアコンの部屋にて でべぇ~と、イビキをかきながら寝ていますzzz
    そんな、気持ちよさそうに寝ているわんコの様子が可愛くて、ついついちょっかいを出す困った飼い主のわたしです(^^;
    安眠妨害されたわんコは、ぐんにゃりとされるがままになってます。
    <ごめんね~(汗

  3. 私も子供の頃から犬を飼ってるけど、「○○ちゃんのママ」とか「○○ちゃんのパパ」って呼び方は抵抗あり。むしろ子供の頃から飼ってるから抵抗あるのかも{NO}
    病院でもお医者さんが「この子は・・・」とか言うよね。なんかすごく違和感{ダウン}
    犬は犬としての可愛がり方があるので、擬人化するのはどうかと思う。そんな私も「うちのハマちゃんは絶対日本語わかってるよね{ラブ}」と、かなりの犬バカぶりです{いぬ}{ラブラブ}

  4. >ゆきママさん
    はじめまして。
    アメリカで読んでいただいているんですね♪初コメントありがとうございます。
    私も、最初は、バブー・ママと呼ばれることに、なんともいえない気恥ずかしさ・・・みたいなものがありましたが、今はむしろうれしいです。
    本当の子供みたいに思ってますから(笑)。
    ポールが、そう呼ばれて、違和感を感じていることを私に話してくれたときも、「考えすぎじゃない?それが何か問題でも?」って感じでした。
    「イギリスでは」、とはいえ、ポールがイギリスを離れて10年以上。
    時代は変わって、もう、○○ママは、当たり前になってるかもしれませんよね。

  5. >かぁりーさん
    私もお散歩中に、いろんな飼い主さんと会いますが、みんなわが子のように語ってくれて、そんな話を聞いてるだけで癒されます。
    人間と同じで、それぞれ個性があって。
    好き嫌いがちゃんとあって。
    同じわんこでも性格によって大違い。
    それにしても、かぁりーさんのところ、35度とは!
    バブーなら、多分一歩も歩けないと思います。
    わんこも大変だ。

  6. >Meguhamaさん
    Meguhamaさんと浜ちゃんとの話を聞いていると、親ばかっていうより、ホント、人間同士みたいって、いつも思います。
    「浜ちゃんが、○○したいって言ってるから」なんて発言に、どうしてそんなに気持ちがわかるの?!通じ合ってるの?!って思って、とっても参考になります。
    近々またわんこトークに行きましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です