感謝のキモチ


←人気ブログランキングに参加中♪

昨日は、女子4人が集まって飲み会。

あまりにトークが面白すぎて、いまや月一の定例会となっている、エネルギーをたくさんもらえる、と~っても楽しみな飲み会。

会場選びは私の役目となっているので、その立場を利用して、絶対、自分の好きな「タイ料理」と思っていたのだけれど、連休前のせいか金曜日の夜はやたらと「すすきの」が混んでいた。

最近のすすきのを甘く見ていた私が悪かった。

早めに行って、席を取ろうと思ったけれど、「マニータイ」も「ジッラダ」もすでに満席。

やたらと盛り上がっている女性客のグループが多くて、席が空きそうな気配が微塵もなく、すぐにあきらめて向かいのビル『ノルべサ』の地下へ。

あった、あった、ありました、女子飲みにぴったりのお店。

「コラーゲンしゃぶしゃぶ」のお店。

アンチ・エイジングに励むわれ等の世代に必要なコラーゲン。

ここなら誰も文句は言うまい。

ということで、飛び込みで入店。

他の3人の到着を待ちながら、ひとりでビールを1杯、2杯・・・。

お腹もすいてきたけど、さすがにひとりでしゃぶしゃぶ、っていうわけにはいかないので、サラダなんかをオーダーして勝手に宴会開始。

ほどなく、3人が到着。

到着するなりオーダーもそこそこに、猛烈トーク。

コラーゲンしゃぶしゃぶを食べて、いつもより細胞が活性化しているのか、いつにもましてしゃべりまくり。

笑いあり、涙あり・・・。

もう10年以上も仕事をしていると、当然のことながら、日々いろんなことが起きる。

嬉しいことや、楽しいことばかりじゃない。

悩んだり、立ち止まったりすることの方が、圧倒的に多い。

そんな時、上司や先輩にかけてもらった一言で、大いに救われた、目から鱗が落ちた、という経験は誰でもあるはず。

そんな話の流れで、それぞれが、過去に自分が経験した「その言葉に救われた」話を披露。

それぞれの経験談を聞くたびに、「おぉーーっ!」と歓声があがり、目がうるうる。。。

私にも大好きな上司や先輩はたくさんいるけれど、一人、忘れられない上司がいて、その話をした。

その上司は、数年前に病気で亡くなってしまい、お葬式では、奥さんに怪しまれるのではと思ってしまうほど号泣してしまった。

とにかく優しくて、面白くて、気持ちが分かる温かい人で、どんなに感謝しても仕切れないほどの上司だったけれど、その感謝の気持ちを伝えることが一度もできなかったのが、悔しくて、残念でならなかった。

何一つ、お礼どころか、お礼の言葉も伝えることができなかった。

お葬式のあと、「感謝の気持ちを伝えることができなかった悔しさ」がどうにもおさまらなくて、本気で奥様宛に感謝の気持ちを伝える手紙を送ろうと思ったけれど、あらぬ誤解を招いては困ると思って踏みとどまった。。。

そんな思い出話をすると、他の3人が口を揃えて、「止めて正解!」。

先月、漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなったとき、テレビで聞いたタモリの弔辞。

『私はあなたに生前お世話になりながら、ひと言もお礼を言ったことがありません。~、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです』。

これを聞いて、ただただ涙・・・。

肉親でも他人でも、本当に感謝している人に対してほど、感謝の思いを伝えるのは難しいのかもしれない。

何度も言うと薄っぺらになる。

躊躇していると、伝える機会を一生失うことになる。

そう考えると、感謝の気持ちを伝えるのって、本当に難しい。

午前1時を過ぎた飲み会のあと、珍しくそんなことを考えてしまった。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、テリア好きの方は、

にほんブログ村テリアのクリックもポチッと!

“感謝のキモチ” への2件の返信

  1. わたしはうれしかったこと、感謝していることは結構上司に伝えるほうなのです。でも、男性の上司の多くはメールで伝えるとてれかくしなのか無反応で、口で伝えると照れくさそうです(笑)
    一度、2年間、大きな賭けのようにキャリアもまだ少ない私に大きなプロジェクトマネジメントを任せてくれた上司に、プロジェクトが終わった後、飲み会の席で、指導は本当に厳しくって泣いたこともあったけれど、今終って、本当に育ててもらってよかった、ありがとうございます!と感謝の気持ちを伝えたら、その上司は本当にうれしそうでした。俺もどうなるかと辛かったよ~とかいいながら、この日を待っていたんだよね!と円満の笑みでした。
    口でお礼を言ってもらえなくても、後輩や部下の育った姿はみているだけでとっても嬉しいと思います。
    eriponさんの天国の上司さんにその気持ちきっと伝わっていると思います♪
    eriponさん、一緒に泣ける同僚がいて、幸せですね。

  2. >yukarinさん
    そっか、メールで伝えると無反応で、口で伝えると照れくさそうなのですね。
    「感謝の気持ちを伝える」ということをちゃんとしたことがないので、とっても参考になりました。
    yukarinは、確かに、そういうことが自然にできるナチュラルさがあるので、私も見習いたいと思います。
    私もこれからは、積極的に「感謝の気持ち」を伝えられる人間になりたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です