お祝いディナー


←人気ブログランキングに参加中♪

バブーが我が家に来てからというもの、夫婦そろって外出する機会がめっきり減った。

一緒に外出するとしたらバブーも一緒。

そうじゃない場合は、「必ずどちらかが家にいること」、それが我が家の暗黙のルール。

「今日は、久しぶりに外食しようか・・・」って言ってても、結局どちらからともなく、「バブーがかわいそうだから、やっぱりやめよう」ってことになるのがいつものこと。

だけど、昨日は特別。

大親友ミチコが、毎年恒例、私の誕生日&ポールと私の結婚記念日を祝ってくれるということで、札幌にある有名フレンチ『ル・ジャンティオム』(←詳細は店名をクリック)にディナー行くことに。

かなり敷居が高いこのお店。

ず~っと前から名前は知っていたし、とってもおいしいフレンチ・レストランってことも聞いてはいたけど、とても気軽に行けるようなお店じゃない、憧れのお店。

「置いていかれる」ことを察知したバブーが寂しそうに見守る中、罪悪感にさいなまれながら、2人揃って久しぶりの外出。

噂に聞いていたクラシカルで高級感漂う店内。

ポールと私は、そこにいるだけで、場違い感たっぷり&とっても緊張。

思わず、常に小声でひそひそ話。

そんな私たちとは対照的に、このお店を選んでくれたミチコはワインを注いでもらいながら、とっても嬉しそう。

家では、朝、昼、晩、バブーに見守られながら、いつもソファーでちゃちゃっとサンドイッチで食事を済ませているポールも、

なんだか、この日ばかりは、とっても紳士っぽくっていい感じ。

魚介類を一切受け付けないポールは、すべて肉料理にオーダー・チェンジ。

牛と鴨がめちゃくちゃおいしかったと大絶賛。

1年に1回だけのスペシャルな日。

バブーには申し訳ないけど、思う存分、高級フレンチを堪能。

次回は、何年後かな。。。

帰宅後、ミチコからプレゼントにもらった素敵なブーケと一緒にバブーの写真を撮ろうと思ったけれど、バブーはまったく気が乗らない様子。

「お願いだから、もう置いていかないで

2人で外出した日は、家に残してきたバブーのことが気になって、遅くまで飲めないのがつらいところ。

一緒に祝ってもらえたら、本当に最高なんだけど。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、テリア好きの方は、

にほんブログ村テリアのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です