悪いコ・バブーの対処法

←人気ブログランキングに参加中♪

顔は笑ってるけど、体は頑固。

悪いコ・バブーがいつものように足を踏ん張って帰宅拒否。

いつもかなり真剣に見ているアメリカのテレビ番組『ザ・カリスマドッグトレーナー~犬の気持ちわかります~』で大人気のシーザー・ミラン氏によると、飼い犬がお散歩中に歩くのを止めたとき、飼い主も一緒に立ち止まるのは絶対にダメらしい。

リーダーたる威厳を見せ、飼い主がお散歩の主導権を握っているということを飼い犬にわからせるため、そのままリードを引っ張って歩き続けること、と。

そうしているうちに、飼い犬は諦めてちゃんと歩くようになる、と。

なのに、バブーは、

「・・・」。

それでも歩かない。

このまま「ずずーーーっ」。

最悪です。

バブーのこの顔、完全に私を舐めています。

飼い主のリーダーシップ不足による問題行動。

飼い主が弱気または逃げ腰の態度を改め、リーダーに相応しい穏やかで毅然とした態度に変われば、飼い犬は抵抗から従順へと態度を改める、というのがカリスマ・ドッグトレーナーの教え。

頭ではよ~く分かってるつもりなのだけれど、これが実践となるとなかなかねぇ・・・。

なんて、すでに弱気になってること自体が、悪いコ・バブーの最大の要因。

リーダーとして、ちゃんと頑張らなきゃ。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“悪いコ・バブーの対処法” への1件の返信

  1. はじめまして 我が家にはウェスティーの女の子 ゆき(8さい)とボーダーコリーの女の子Bee(8さい)がいます。
    バブーちゃんのかわいさに 毎日癒されていますが このお散歩の姿は、ゆきとそっくりおなじです(*^_^*)
    いつも私とBeeは、ゆきの座り込みに困らされております。
    行きはよいよい帰りは怖い・・・気長に付き合うBeeなのです。
    カリスマ・トレーナーの教え身にしみました。
    これからも 楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です