「断・捨・離」夏休み

←人気ブログランキングに参加中♪

今年の夏休みは4連休×2回。

この夏休みにどうしてもしたかったのは、

「大掃除」!!

ショボっ。。。

フルタイムで働いている場合、徹底的に家の掃除ができるのは休日のみ。

土日だけだと、掃除でたった2日間の貴重なお休みを潰してしまうのが切な過ぎてなかなかやる気が出ないけれど、今回は4連休。

このチャンスを逃してたまるか!

というわけで、夏休みは徹底的に「断・捨・離」モード。

この家に住み始めてから6年目。

転勤族の家庭で生まれ育ち、自分自身も転勤のある会社に就職したため、「生まれ育った家」はおろか、「長く住んだ家」がない。

生まれてこの方、4年以上同じ家に住んだことがなく、同じ家に住み続けているのは6年目の今が新記録。

環境がガラリと変わる「転勤」というのは精神的にも肉体的にもとっても大変なことだけれど、家の片付け・・・という面ではその都度整理されるというメリットもあるのであって、職場は変わっても転地そのものがなく6年目を迎えた今となっては、要らないものが溜まる一方。

家選びの時には収納力を最も重視。

その甲斐あって、表面的には割とシンプルな空間を保っていられるけれど、収納ポイントがどこもかしこもギューギュー。。。。

何かを片付けようとしても、入るスペースがない収納にイライラが募り、爆発寸前・・・。

そして、この4連休、もちろん外出した日もあるけれど、そのほとんどを大掃除に費やし、ゴミを大量に出して、イライラ解消。

それにしても、どうしてこんなに要らないものが溜まるのか・・・。

私が東京で大学生活をエンジョイしていた時は、机ひとつとタンス、ベッドだけのスペースで充分だった。

考えてみると、本当に生活に必要なものは、驚くほど少ない。

私の身に何かが起きても、周囲の人たちに迷惑をかけることのないように、必要なものだけを残して身辺整理を少しずつ・・・。

なんて話をしたら、私よりずっと年上の男の先輩に、「まだ若いんだから、そんな寂しいこと言うなって~」って笑われたけど、女性としては結構真剣。

年齢のせいか、たとえば、私が急に入院することになったとき、合鍵を使って、母親や友人たちには自由に出入りしてもらっても恥ずかしくない家にしておかなくちゃというプレッシャーを常に感じる今日この頃。

今はまだ、「ちょっと待ったー!」な状態だから、安心して病気にもなれません。。。

そんなわけで、この4連休、ビール片手に大掃除に励む私の横で、バブーは気持ち良さそうにむにゃむにゃ、スヤスヤ・・・。

バブーはいいな~、お気楽で。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“「断・捨・離」夏休み” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です