雑感:10年ぶりの「円高ユーロ安」で思うこと

←人気ブログランキングに参加中♪

本日のビックニュース、「円は対ユーロで買いが膨らみ、1ユーロ=100円96銭と01年6月以来10年4カ月ぶりの高値を付けた」(日本経済新聞)。

超のつく、円高ユーロ安。

ここまで進むと、国としてのデメリットは甚大。

だけど、個人レベルでは、メリットがいっぱい。

前回ヨーロッパに行った2007年前半は、確か1ユーロ=140円台~150円台だったはず。

当時はバブーを飼い始めたばかりで、生まれて初めての愛犬にメロメロになっていたワタクシ。

あろうことか、パリで100ユーロ=約15,000円もするジャケット↓をバブーへのお土産に買ってきていたのです

わんこ服だから、たいして高くないだろうと、値段もよく確認せずに浮かれ気分でレジに行き、そこで「!!」と気づいたものの、引き下がることができずそのままお買い上げ。

しかも、結局、バブーには小さすぎてボタンが留まらず着ることができなかったというオチまでついた幻のヨーロピアン・ジャケット。

それが、今なら、約1万円・・・、ってそれでもまだトチ狂っていることに変わりはないけれど

そのくらい差があるのだから、今が、ヨーロッパ旅行の、買い物の大チャンス!!

費用が高すぎて、なかなか行くことのできなかった、ヨーロッパのあの国やこの国。

今なら行けるかも!

高すぎて買えなかった、あのバッグやあの靴。

今なら買えるかも!

マジです

これほどまでの「円高ユーロ安」と聞くと、何もしないでいるのが、なんだかとってももったいない気持ちになって、なんとなくソワソワ。

身軽な独身の頃なら、迷わず今週末にもパリに旅立っていたような気がするけれど、今となっては腰が重い。

ワタシも変わったな。。。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“雑感:10年ぶりの「円高ユーロ安」で思うこと” への1件の返信

  1. お気持ち、よーくわかります。
    私もアミィが来る前、20年間毎年パリに通っていました。
    今は、行きたいとも思いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です