雑感:パソコンと肩凝り

←人気ブログランキングに参加中♪

肩凝りが激しい。

ガッチガチに固まって、首を回すのも辛いほど。

原因はわかってる。

身体的な要因としては、目が酷く悪いことと、キリンと言われた母方の遺伝で首が長いこと、加えて、かなりのなで肩なこと。

去年の年末に、徹底的なマッサージを受けた時には、首が中に入って、ひどい「首猫背」になってると指摘された。

その時のマッサージで、首を「ちゃんと」中から出してもらったけど、あれから10ヶ月、また症状が悪化してるらしい。

でも、それより何より、最大の肩凝りの原因は、パソコン。

会社でもパソコン、家でもパソコン。

いまやパソコンなしでは、何もできない。

私が社会人になりたての約20年前は、パソコンはまだ一般的じゃなかったし、家にはもちろんなかった。

ワープロが精一杯で、そのワープロだって、オフィスではみんなで共有してた。

それが今では、オフィスではひとり1台が当たり前。

パソコンがなかった時代はどうやって仕事をしていたのかと思うほど、エクセルやワード、メールに頼り切っている。

だけど、ふと思う。

パソコンが当たり前になったことによって、かなりの仕事、事務作業が軽減された。

遠方の人には、手紙を書いて何日もかけて郵送していたものが、いまはメール1本、送信ボタンをクリックするだけで数秒後には世界中に届くようになった。

それだけ簡単になったはずなのに、今のこの忙しさはいったいなんなのだろう。

20年前より、常に時間に追われ、慌しい気がする。

情報量が多すぎて消化し切れない。

常に何かに追われてる。

すごく便利な時代になった。

だけど、時々ふと、パソコンも携帯電話もない世界でのんびりしたいと思うことがある。

と言いながら、今日もせっせとブログを更新。

これが日課になって、自分でも驚きの7年目に突入。

愛犬バブーの可愛さで、いまだに楽しくて仕方がない。

もはやパソコンのない世界には耐えられないカラダ。

すなわち、肩凝りから解放される日は、未来永劫来ないということ。

肩凝りは、パソコンのない時代にはなかった便利さや楽しさと引き換えの副作用のようなものなのかも。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です