内向き志向?!

←人気ブログランキングに参加中♪

最近、「海外旅行に行きたいな~」と思う頻度が急激に増えてきた。

新聞や雑誌で広告を見るたびに、旅行会社の前を通るたびに、大きなスーツケースを持った観光客を見るたびに、「行きたい」願望がムクムク・・・。

若いころから、とにかく海外への憧れが強くて、少しのお金と時間さえあればいつでも旅立つ気満々。

社会人になって自分のお金が使えるようになり、自分のことだけ考えていればよかったころは、憧れの海外旅行に熱狂。

近い東南アジアから、遠くヨーロッパ、アメリカまで、ほぼ毎年のように行っていた。

そんな私が、結婚し、バブーを飼い始めてからは状況が一変。

もはや自分のことだけ考えてはいられなくなり、将来に備える必要も出てきた。

父が急死したり、母が怪我をしたりしたこともあって、しばらくは海外旅行のことなど考える余裕もなく、思えば、最後に海外旅行に行ったのは、2007年夏のドイツ。

あれから早5年。

そろそろ行きたい。

非日常の世界を思い存分堪能したい。

満たされない心の拠り所は、もっぱら海外ドラマ。

フランスの長寿ドラマ「ジュリー・レスコー」でパリを思い、アメリカのお洒落なドラマ「リップスティック・ジャングル」でニューヨークに憧れ、南米のドタバタコメディ「デキる女の負け犬事情」でコロンビアに思いをはせている。

そんな悶々とした日々を過ごしているからこそ、去年くらいから言われている、若者の内向き志向というニュースがとっても気になる。

これだけ「国際化の必要性」が叫ばれているのに、「海外就職・赴任や留学を望まない日本人の若者が増えている」という。

よくよく調べてみると、若者の意識の問題というより、日本の社会そのものに要因があるということがわかったけれど、とっても残念なことだと思う。

若者には、お金はなくても、時間とエネルギーはたっぷりあるし、吸収力がある。

そして何より「心配事」や「しがらみ」が少ない。

海外を知るには最適な環境にある。

そのありがたみがわかるのは、社会人になってはるかに時間が過ぎてから。

世界がもはや遠いものではなくなった今、「内向き志向」でいるのは本当にもったいない、とつくづく思う。

P.S  ポールの英会話教室のブログを更新しました。英語についてのポールの考え方です。前回の記事と合わせて、和訳付きでアップしましたので、英語に興味のある方はぜひご覧ください。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です