バブー育ての光と影

←人気ブログランキングに参加中♪

人生初のわんこながら、バブー育ては、意外とうまく行ったと思う。

先日、2次会で行ったお店には、2匹の看板犬のヨークシャテリアがいたけれど、1匹は知らない人を見ると、吼えて唸って大騒ぎ。

酔った勢いで思わずなでなでしようとしたら、唸られて指を噛まれてギョッ。

その点、バブーは、誰に何をされても大丈夫。

見知らぬ人に唸ったり、噛むなんてことは絶対にしない。

人間もわんこも大好きで、いつもニコニコ、社交性もバッチリ。

しかし、コレ↓。

大人になったら、少しはよくなると思っていたけれど、むしろわがまま度合いは悪化の一途。

以前はよく、おやつを出して騙し騙し遠出もしていたけれど、最近は、ポールがいないと絶対に無理。

何か気に入らないことがあると、「つーん」、とするのが究極の意思表示。

甘やかし過ぎた私のせい。

「自由」と「わがまま」は表裏一体。

天真爛漫に育ってくれたのはいいけれど、自分の好き勝手にしていいと思わせてしまった・・・。

この姿を見るたびに、大きくため息。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です