朝の下痢事件

←人気ブログランキングに参加中♪

今朝もバブーは調子が悪そうだった。

ご飯を用意しても食べずに、黄色い胃液を1回吐いた。

お散歩もためらったけれど、外の空気を吸わせてあげた方がいいと思い、近くの公園に行くと、ひたすら草を食べていた。

お腹の調子が悪い時は、無我夢中で草を食べる。

草を食べ終わると、バブーがそのまま家に帰ろうとしたので、もう少し歩こうと思い、リードを引っ張ってみたけれど、道路の真ん中に座り込んで全然動こうとしない。

そして・・・、諦めて家に帰ろうとしたところ、うん○をしたのだけれど、それがひどい下痢。

ここまでひどいのは久しぶり。

いったい何を食べたんだろう・・・と思いながら抱きかかえて慌てて帰宅。

事件はその後。

いつものように、窓際のソファーに座って、静かに外を見ていたバブー。

苦手な大きいわんこが家の前を通ったその時、興奮して吼え始め、力んだバブーのお尻から、下痢状のうん○が、ぴゅっ、ぴゅーっ。

水鉄砲のように飛び出した黄色い液体が、ソファーのマットやクッション・カバーに飛散。

こんなことは初めて。

出勤時間まで時間がなかったので、急いでバブーのお尻を洗って、マットやカバーは洗濯機に入れて・・・。

次の「下痢鉄砲」に備えて、タオルを何枚も出して、ソファーやクッションを覆い、後はポールに託して、仕事へ。

仕事中もずっと気になっていたけれど、日中はポールが見ていてくれるから、何かあったら連絡をくれるし、病院に連れて行ってくれるはず。

夕方、仕事を終えて、家に帰ると、迎えてくれたのは、いつも通り元気なバブー。

ポールによれば、午後から少しずつ元気になってきて、朝食べていなかったフードを食べたかと思うと、4時過ぎには、もう夜ご飯も催促するほど回復していたのだとか。

一過性ですんで「ほっ」。

いったい、あれはなんだったんだろう。。。

今は元気いっぱいのいつものバブーです。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です