自分のことは自分が一番わからない

←人気ブログランキングに参加中♪

先日、久しぶりに会社の先輩と食事をした。

職場が一緒になったことは一度もないので、仕事を一緒にしたことはないけれど、こういう「飲み」の場は大好き。

先輩たちが後輩たちの話をしているのを聞いて、勉強し、反省する絶好のチャンス。

あいつのすごいところは、こういうところ、あいつのダメなところは、こういうところ・・・。

「なるほど~」と思いながら、いいと言われているところを盗もうと心掛け、ダメだと言われているところを「自分はそうなるまい」と誓う。

実体験に基づいているのみならず、お酒が入っている時は、かなり本音が出るだけに、先輩たちの言葉が、どんなセミナー、研修より効果がある、と思う。

今回もそうだった。

「○○は、自分がわからないことを質問されたり、指摘されると、すぐキレるから手に負えない」。

・・・ワ・タ・シじゃんっ。

一緒に仕事をしたことがないわけだから、もちろん、私のことを言っているわけではないのだけれど、思い当たるフシが多々ありすぎて赤面。。。

被害にあった方たち、本当に本当にごめんなさい。

ワタクシの人間としての至らなさゆえ・・・でございます。

そして、もうひとつ、その日の飲み会で驚いたのが、先輩いわく、数年前に仕事のことで私がえらく怒って、先輩のいる職場にひとりで怒鳴り込みに行ったという話。

あまりの剣幕に当事者がドン引きした、と・・・。

恐ろしいことに、まるでまったく覚えていないのです。。。

そこまで腹が立ったことなら覚えていてもよさそうなものなのに。

話を聞いても、自分がしでかしたこととは思えず、冷や汗

私は・・・、自分のことを、大変繊細にして心が折れやすく、ネガティブ・シンキングなタイプだと思っていたけれど、どうやらまったく違うらしい。

四十を超えた今でも、自分のことは自分が一番わかりません。。。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です