さすが獣医さん

←人気ブログランキングに参加中♪

今日はバブーを連れて動物病院へ。

2週間前くらいからどうも調子が悪そうだったので、ワクチン接種のタイミングだったこともあって、ちゃんと診てもらうことに。

調子が悪いのは、特に右後ろ足。

あんなに好きだった切り株ジャンプもしなくなったし、お散歩に出ても座り込んで歩きたがらない。

最初は「夏バテ」かな、と思っていたけれど、どうやらそれだけではなさそうで、日によって、時々、すごく辛そうに右後ろ足に体重をかけないようにして歩く。

なのに、今日は、病院までの道を、タッタ、タッタと、今までのように調子よく歩いていて、見たところ、まったく問題なさそうな足に戻っていたので、きっと先生に、「心配性の飼い主」だなー、と笑われると思ったけれど、さすがは先生。

名前を呼ばれて、診察台にバブーを乗せたその一瞬を見逃さず、「あれっ、バブーちゃん、足、痛そうにしてるけど、なんともないですか?」。

「やっぱり・・・、わかりますか?今日は調子いいんですけど」と前置きしつつ、バブーの様子を説明。

細かく診てもらったところ、「骨や肉球には異常なし、脱臼してるわけでもない・・・、でも、足のどこかが痛いのは明らかで、関節炎の疑いあり」とのこと。

痛み止めをもらって今日のところは終了。

1週間後に再検診して、よくなっていないようだったら、レントゲンなど別の方法で診てもらうことに。

バブー、やっぱり足痛かったんだ。

診てもらってよかった・・・。

ほっとしたら、急にお腹が空いてきたので、帰り道で大好きなインドカレーのお店に寄って、テラスでランチ。

足が痛いはずのバブーも、いつものように鼻をぴくぴく動かしながら、元気に「ちょうだい」アピール。

もう、きっと、大丈夫。

ちゃんと治してあげるから。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です