半年ぶりのTOEIC

←人気ブログランキングに参加中♪

今日は、半年ぶりのTOEICの試験日。

去年の6月に10年以上ぶりに受けたTOEICでは、目標の900点に25点及ばず涙。

今度こそ!と、公式問題集もしっかり解いて、鼻息荒くリベンジ受験。

2時間200問。

前日に公式問題集を時間を計りながら本番と思って解いてみた手応えはかなり良く、答え合わせをしながら、おっちょこちょいの単純ミスさえなくせば、満点の990点も夢じゃないかも、と思えるほど強気になって臨んだ今回の試験だったけれど・・・、

やっぱり、本番は甘くない。

満点を狙ったリスニングも、数問聞き取れず、自信なし。

あんなに一言一句聞き漏らさないように集中していたのに、それでも、やっぱり一部、曖昧でモヤモヤ。。。

リーディングでは、前回、痛恨の時間配分ミスで、最後の長文問題までたどり着けず、最後の数問は、マークシートの塗り絵で終わったという大失敗をしていたため、今回は、長文問題から先に着手。

時間をかけて長文しっかりを読んで、その後、文法問題へ。

過去数回受験して、最後まで解けたのは長文問題から先に解いた時だけだった経験から、今回はその戦略で。

でも、やっぱり、時間ギリギリ、精一杯。

見直しの時間ゼロ、かつ、今度は簡単な文法問題の時間が足りず、時計を見ながら、終了時間までずっと心臓がドキドキしながら、とにかく慌てまくって解いたため、多分、おっちょこちょいミス連発のはず。

とにかく問題量が半端なく、一瞬たりとも気が抜けない。

前日までは、990点も夢じゃないかも、なんて浅はかな夢を見ていたけれど、まだまだそんなことありえない。

試験が終了した時には、集中しすぎたせいで激しい頭痛がして、吐き気を催すほど頭がガンガン・・・。

満点への道は長く険しいことを痛感。

TOEICは、試験問題への書き込みはおろか、持ち帰ることもできないので、答えの確認もできず、1ヶ月後のスコアシート待ちなのだけれど、意気込んだ割には前回の点数より高いスコアが取れたかどうかもかなり疑問の残念な出来ばえ。

悔しさと落胆から、次回の3月の試験もさっき申し込み完了。

日本経済新聞電子版によると、ソフトバンクでは、海外で活躍する人材育成のため、「TOEIC990点満点で900点以上なら100万円、800点以上なら30万円の一時金を一律支給する」という報奨金制度を今月から始めるのだとか。

お金に代えられるものではないけれど、100万円の価値があるものと思って、3月に再チャレンジ!

今度こそ!!

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“半年ぶりのTOEIC” への1件の返信

  1. こんばんは。ご返信のコメントありがとうございます。早速大喜びでリンクを設定させて頂きました。バブーちゃんの幸せで心豊かな暮らしを目標に、少しでも励んで参りたいと思います。これからもどうぞ宜しくお願い致します。本当に幸せですね~ バブーちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です