入国管理局にて

←人気ブログランキングに参加中♪

今日は、ポールの付添い人として、入国管理局に行ってきた。

去年の7月から、外国人に対する新しい在留管理制度が始まって、新しいカードを申請する必要があったから。

これまでも数回行ったことがあるけれど、入国管理局・・・、だから来るのは外国人なのに、職員はみんな日本語で重要事項を説明していて、英語が話されているのを実は一度も聞いたことがない。

私のように、日本人の付き添い人がいる人はいいけれど、そうじゃない外国人は、本当に大変だろうと思う。

相変わらず今日も、外国人に対しても、日本人に対するのと同じように、普通に日本語でスラスラと説明していた。

中には、日本語がほとんどわからないような人もいて、見ているこちらの方がハラハラしてしまうほど気の毒だった。

そんなスリリングな入国管理局で、新しい在留カードは無事交付され、すでに日本人配偶者の永住ビザを持っているポールの場合は、次回のカード更新は7年後。

7年後も、きっとここで同じことを思うんだろうな。。。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です