映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』

←人気ブログランキングに参加中♪

公開前からずっと見たいと思っていた映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(←詳細はタイトルをクリック)をシアター・キノに見に行った。

ニューヨーク・タイムズの人気ファッション・コラムを長年担当する名物フォトグラファー、ビル・カニンガムのドキュメンタリー映画。

ファッションに魅せられて、84歳の今も現役のフォトグラファー。

トレードマークの青いジャケットに身を包み、自転車でニューヨーク中を移動して、ファッション・ショーのランウェイ、ストリート、パーティーで「お洒落」な人たちの写真を独自の感性で撮りまくる。

とにかく「お洒落」な人を見つけて写真を撮るのが大好きで、ビル曰く、「仕事ではなく好きなことをしてるだけ」。

街とファッションとカメラが人生そのもの。

「自由より価値のあるものはない」と言い切り、お金や名声にはまったく興味がなし。

映画に出てくるお洒落なファッション・ピープルはもちろん、周囲の人たちもかなり個性的。

共通しているのは、自分の「好き」なことやものに忠実で、迷いがないこと。

温かみのある人懐っこい笑顔のビルは、いつも本当に楽しそうに笑ってて、作り物の笑顔にすっかり慣れてしまった目には、それがとっても新鮮。

エネルギッシュでアクティブで、「生き生きしてる」という言葉がぴったり。

人生を楽しんでる人って、こういう笑顔ができるんだ・・・と。

日本では、冒険家・三浦雄一郎さんがエベレストに世界最高齢の80歳で登頂したニュースが記憶に新しい。

高齢社会はとかくネガティブなイメージで語られがちだけれど、世の中には頼もしい高齢者もたくさんいる。

人生100年の時代。

自分が夢中になれる何かを見つけることができたなら、人生の輝き方は違ってくる。

人生や仕事について考えさせられる良質なドキュメンタリー映画だった。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です