雑感:セクハラ

←人気ブログランキングに参加中♪

最近、まったく意識する必要がなくなったセクハラ。

これは自分が歳を取ったからなのか、世の中が変わったからなのか、イマイチ定かではないけれど、いずれにせよ明らかなものは激減。

職場の男性陣も、公での発言には「セクハラ」だと言われないように相当気を使うようになった、と思う。

そんな中、先日、以前の職場の上司、・・・といっても実際に仕事を一緒にしたわけではなく、もっともっと職位が上で、今は卒業したOBに久しぶりに会った時に聞かれた、唐突な質問。

「子供は?」。

「いません」。

「えっ、どうして~?作りたいけどできないの?それとも作らないようにしてるの?」。※超軽いノリ。

あまりにダイレクトな質問に動揺しながら、

「年齢的にもう難しいので・・・」、と答える私に、笑顔で、

「そりゃまぁ、そうだよね」。

・・・なら言うな!・・・なら聞くな!

これって、久しぶりに受けた完全なセクハラ。

セクハラ防止のための啓発ビデオに出てくるような代表例。

最近、すっかり油断して、こういう時に怒るのを忘れてた。

気心の知れた相手となら、そういう話が出ても不思議じゃないし、それはそれで真摯に答える。

だけど、そうじゃない場合、気軽にフランクに聞かれても、軽くは答えられないし、聞かれた方はかなり後味が悪い。

ここで、「あなたには関係ありません」、という毅然とした態度を示せば、相手も気づいて次の犠牲者を出さずにすんだのに。

そう思うと二度後味が悪い。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です