日々精進

←人気ブログランキングに参加中♪

昨日書いた「ド緊張」の話。

実は昨日、仕事で通訳を頼まれていたから。

相手は英語圏からやって来たVIP。

挨拶くらいなら、と引き受けたものの、難しい話になる可能性も全くないわけではなく、自分の英語力で乗り切れるものなのかどうか不安で一杯になって、緊張しまくり。

「とにかくヘマだけはしませんように」と、ただひたすら祈る気持ちで迎えたお客様。

・・・だったのだけれど、なんと、そのお方、日本語が超お上手。

上手なんでもんじゃない、普通に日本語で会話ができるだけじゃなく、かなりの早口。

そのことがわかった瞬間、思いっきり脱力。

結局、万一に備えて、話を聞きながら頭の中で一生懸命通訳してはいたものの、一言も発する必要がなく、ただその場に同席しただけで、ド緊張の時間は終了。

「よかった~」、と肩の力が全部抜けて安堵すると同時に、憧れの「通訳」という仕事の、数少ない経験をさせてもらえる、せっかくのチャンスだったのに少々残念、「通訳させて欲しかったよ~」・・・、という気持ちがあって、なんだか複雑。

イギリス人を夫に持つ私の場合、英語は使えて当然だよね、と、翻訳や通訳を頼まれることがたびたびある。

頼まれるのは本当に光栄なことだけれど、頼む方は、いつも使ってる言葉なんだからと、こちらが実はこんなに緊張していることとか、必死で翻訳していることを多分知らない。

多くの場合、「簡単でいいから!」、「意訳で充分だから!」と、頼まれる。

頼む相手も、私がプロじゃないのはわかってるわけだから、「適当にやって!そんなに一生懸命やらなくてもいいよ」、と、心的負担を軽減するために言ってくれているのだと思うけれど、引き受ける方としては、たとえそれが完全なボランティアだとしても、適当で済ませることなんてできない。

翻訳なら、どこに出しても恥ずかしくないように、下調べを尽くしてポールに最終確認を必ずしてもらって完全な形で出す。

通訳の場合は、その場でポールの助けを求めることはできないけれど、事前に情報収集をして可能な限りのパフォーマンスができるよう備える。

どんな仕事だって、せっかく頼んでくれた人に恥をかかせるわけにはいかない。

それが有料だろうが無料だろうが関係ない。

引き受けた以上は、きっちりやる!

私にできることは、この「きっちり」のレベルを確実に上げて行くこと。

2年前の「きっちり」より今の方が上、現時点の「きっちり」より、来年の方が上。

日々精進。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!