パリでお散歩2013 ③「地図が読める女子」編

人気ブログランキング

今回のパリ旅行、お供していただいたのは、「パリは初めて」のお友達Hちゃん。

私よりもずっとずっと年下で、肌が羨ましいほど白くて髪がサラッサラで、とっても女子力の高い素敵女子。

職場で毎日顔を合わせるし、家も近くて大の犬好き。

月に数回は一緒に飲みに行く間柄で、彼女のことはよく知っているつもりだったけれど、今回驚いたのが、地図の読解力の素晴らしさ!

ひと昔前に『話を聞かない男、地図が読めない女』という本が、大ベストセラーになって、「地図が読めない女」の私は、大いに納得したものだけれど、彼女は真逆、「地図が読める女子」。

パリの街はどこを切り取っても絵になるけれど、逆に、どこを切り取っても同じような美しさだけにポイントが見つけにくく、注意して歩いているようでも、一本道を間違えると、気がついた時には、「ここはどこ?!」。

しかも街の広場を中心に放射線状に広がってる道が多いから、ちょっとでも入る道を間違えて歩き始めると、目的とはほど遠い、とんでもないところに行ってしまいがち。

でも、彼女は違う。

パリの道は小さなものから大きなものまですべてに名前がついていて、すべての建物には番号が振られてる、と説明しただけで、初めての街を地図を片手にスタスタ歩く。

目的の住所まで確実に誘導してくれる。

私は彼女に行きたい場所を示すだけ。

地図を凝視しながら、私が、「次はこっちだよね」、と言うと、彼女は、「いや、あっちですよ」、と全然違う方向を指す。

時間が経っているとはいえ、私はこれまで何度も市内を歩いているけれど、彼女は初めて。

「そうかな~?」と思いつつ着いて行くと、ビンゴ!!

本当は、私がパリの街案内をするつもりだったのに、結局、全部彼女に先導してもらうことに。

お陰で、迷子になることは一切なく、予定していた観光スポットはすべて完璧に見て、予約していたレストランにも時間通りに到着。

いつでもどこでも、余裕しゃくしゃく♪

自分の地図の読めなさにも改めて愕然としたけれど、「地図が読める女子」って本当にいるんだ↑って、ものすご~く感動。

「パリを案内してあげる」なんて偉そうなことを言って、彼女の「初パリ」を助けるつもりが、逆に大いに助けられた旅になったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です