パリでお散歩2013 ⑥魅惑のレストラン『MINI PALAIS(ミニパレ)』

人気ブログランキング

8日間のパリ滞在、最終日のディナーに選んだレストラン、『MINI PALAIS(ミニパレ)』(←詳細は店名をクリック)。

旅行の口コミサイト、トリップアドバイザーの評価では、本日現在で「64%がお勧め」、と残念ながらあまり高評価ではないけれど、パリ在住の日本人のみなさんのブログを拝見していると、かなりの頻度で登場する、かなりお勧め度の高いレストラン。

1900年のパリ万博のために建てられたグランパレの中にあって場所も分かり易く、パリ在住の日本人のみなさんが、公私を問わず、ビジネス接待でもプライベート接待でも、日本からの来客を迎えた時に、こぞって案内しているらしいレストラン。

少々敷居が高そうな気はするものの、せっかくのパリ、最終日のレストランは、ココに決まり。

場所が分かり易くて、なんて言ったけれど、地図が読めない私は、「地図を読める女子」、お友達のHちゃんにお任せ。

後を着いて行くだけ。

オペラにあるホテルからも近く、公園を抜けて、シャンゼリゼ通りを渡り、徒歩15分くらいでグランパレに到着。

日本から事前にメールで予約したところ、予約の時間が早かったので、「天気が良ければ、テラス席を優先してご案内します」との返事。

さすがに9月の下旬だと寒くてテラスは無理でしょー、と思っていたけれど、思いがけないほどの好天に恵まれて、テラス席へ。

日本なら3階建てくらいに相当する高~い天井の、赤い照明のテラス席。

あまりのゴージャスさに気分が上がる。

真っ赤に染まったテラス席から見える景色は、向かい側にある、これまたゴージャスなプティパレ。

お料理については、最終日のため、残念ながらフランス料理じゃなくて、違うものがそろそろ食べたくなる頃。

そのため、メインに正統派フレンチじゃないもの、Hちゃんはトマト味のペンネ、私はカレー味のえび料理を頼んで、これは残念ながらどちらもイマイチだったけれど、前菜にオーダーしたパテと雰囲気はとにかく最高♪

テラス席じゃない、中のレストランも、オトナな雰囲気満載でとっても素敵。

お酒も入った最終日の夜、ゴージャスなレストランで食事を終えて、気分が高揚した状態で、帰りがけにエントランスでお互いを撮り合った記念写真。

Hちゃんも私も不思議なポーズで、後で大爆笑。

話は戻って、外から見たレストランは、こんな感じ↓。

グランパレの中にある、真っ赤に燃える部分がテラス席。

観光客が多いと思われるレストランにも関わらず、残念ながらフランス語のメニューしかなく、日本語のメニューはもちろん、英語のメニューもないけれど、雰囲気だけでも味わう価値有り。

数年前にオープンして以来、人気のレストラン。

パリを訪れる予定のある方は、思い出の夜に是非♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です