気になる『グラミー賞 2014』

人気ブログランキングに参加中♪

音楽にも映画にも、特に深い造詣があるわけではまったくないけれど、フツーに好きなので、毎年気になってしまうのが、グラミー賞とアカデミー賞。

現地時間の26日、日本では明日がグラミー賞の授賞式。

俄か知識を得るべく、お休みの今日は一日かけて、候補の楽曲をネットを駆使して聞きまくり。

“NO MUSIC, NO LIFE!”

音楽はやっぱりいい。

なかなかやる気になれなかった部屋掃除も食器洗いも洗濯も、音楽を聴きながらだと、俄然やる気になるから不思議。

今回すごく気になったのは、フランス出身のエレクトロ・デュオ、ダフト・パンク(Daft Punk)の『ゲット・ラッキー (Get Lucky)』。

なんて、懐かしい。。。

このたまらなくクールなグルーブ感。

今日だけで何回聴いたことか。

思わず、ポールに、この曲って70年代のカバーなの?って、聞いてしまったくらい。

ダフト・パンクといえば、『ワン・モア・タイム (One More Time)』。

2000年末から2001年にかけて大ヒット、何回この曲で、気分を上げてもらったことか。

以来、10年以上ダンス・シーンには欠かせないクラブ系アーティストで今も健在どころか、候補に名を連ねているとは。

ダフト・パンク(Daft Punk)の『ゲット・ラッキー (Get Lucky)』の他にも、同じく候補作の、Bruno Mars (ブルーノ・マーズ)の『Locked Out Of Heaven(ロックド・アウト・オブ・ヘブン)もかなり懐かしい香り。

私の世代には懐かしい、いわゆる『ディスコ・サウンド』が、今もしっかり世界各国で人気を得ているあたり、今の世代には新鮮に聞こえるということなのか・・・。

そんな音楽を一日中聴いていたら、無性に踊りたくなってきた。

今年のグラミー賞候補作を聴いていら、ディスコ文化、「復権」の兆し?!。

そんな気がする。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です