雑感 : グラミー賞のパフォーマンスとクラブと・・・

人気ブログランキングに参加中♪

今日は、グラミー賞のパフォーマンスが見たくて見たくて、急いで帰宅。

結果はすでにチェック済み。

大方の予想通り、最優秀アルバム賞もレコード賞もダフト・パンク(Daft Punk)が受賞。

めちゃくちゃカッコいいパフォーマンス。

いつも通りのヘルメット姿のロボットふたりが、なんとスティービー・ワンダーと一緒にパフォーマンス。

グラミー賞の会場が、巨大なディスコに!!

曲は、受賞曲の”Get Lucky”から、シックの″Le Freak”,

そして、ラストはスティービー・ワンダーの″Another Star”へ。

もう本当に懐かしくて、嬉しくて、涙もの♪

私は70年代はまだ子供だったけど、この頃の曲は、「何も考えず、ただひたすら音楽に身を委ねていた20代後半頃(笑)」によくクラブでかかっていた曲。

40代以降の人なら、きっとクラブ好きでもそうじゃなくても絶対に聞いたことのある、今聞いても色褪せない、素晴らしくおしゃれでセンスのいい曲。

グラミー賞のおかげで、再認識。

ちなみに、グラミー賞とは関係ないけど、クラブといえば私にとっては、欠かせないこの曲。

“Sweetest Day of May”

長い間、曲のタイトルがわからなくて発見できなかったけど、先日偶然見つけて感激♪

来月の懐かしのディスコ「釈迦曼荼羅復活祭」、これは行かねば・・・。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“雑感 : グラミー賞のパフォーマンスとクラブと・・・” への1件の返信

  1. ちょうどこの日、若者男子に今iTunesでダフトパンクのアルバムが1000円になってるのがあり、買いですと教えられ、聴きました。エレクトロだけどやっぱりどこか懐かしい、、。
    スティービー・ワンダーもツボですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です