オットの健康管理

人気ブログランキングに参加中♪

今月初めに夫婦で受けた人間ドックの結果、オットのポールには要再検査が3項目も!

不整脈、尿潜血、白血球数異常。

その他にも逆流性食道炎、十二指腸炎などなど、緊急事態ではないものの要経過観察がいくつも。

見るからに屈強で健康そうだし、本人も自覚症状はまるでないと言っているけれど、老化は確実に忍び寄っているわけで・・・。

なんて、私も結構な項目で引っ掛かってしまったので、オットのことばかり言ってられないけれど、ポールの場合、特に深刻なのが不整脈。

検査が終わった瞬間に、看護婦さんが私に、「ご主人、これまで不整脈を指摘されたことありますか?」と真剣な表情。

「いえ、一度もありません」と答える私に、「そうですか・・・。不整脈の出てる頻度が結構高いんですよね・・・」と不安顔。

「どう見ても死にそうな感じにはまったく見えないけど、これだけ不整脈の頻度が高いと、医者として経過観察でいいとはいえないから、人間ドックの検査結果が自宅に届いたら、必ずすぐに循環器科を受診するように」とお医者さんに念を押されて、生きた心地がしないったらもう。。。

というのも、ポールのお父さんもお爺さんも、ふたりとも心臓発作で40代の若さで亡くなっているから。

そして、検査結果が届いた先週、すぐに近所の循環器科へ。

心電図の再検査をしてもらったところ、「確かに不整脈はかなり高い頻度で出ていますが、良性のものなので、これが心臓に悪さをする可能性はなく、心配ありません」とのこと。

その診断にほっとしながらも、ポールの家族の病歴を伝えると、「遺伝の可能性もないわけではないので、そういうことなら、念のため24時間の心電図検査で一度しっかり検査してみましょう」ということに。

そして、24時間のホルター心電図を体につけてもらってチェック。

今日はその結果を聞きに病院へ。

手術・・・なんてことになったら、手術はポールの故郷イギリスでするべきか、このまま日本でするべきか・・・なんて先のことまで考えてたら頭が真っ白、超ブルー。

結果は、「出てる不整脈は、いずれも良性のもの。本人に自覚症状もないし、このまま普通の生活をして問題なし」とのこと。

良かった、本当に良かった。

結果次第では、私たち夫婦の生活が一変するかもしれなかっただけに、先生の診断を聞いて、思いっきり安堵。

念のため、これからは、毎年1回、24時間ホルター心電図検査を受けることに。

今までほとんど気にしてなかったけれど、オットの健康管理は妻の重要な役目でもあるわけで。

ネットで調べたところ、「不整脈の半数以上は心臓に病気をお持ちの方ですが、残りの半数は日常生活のストレスが原因で不整脈になっています」。

ギョギョッ!

ただでさえ外国暮らしで、日々、ストレスを感じることの多いオット。

少なくとも家庭でのストレスは可能な限り与えないように、私にできることは、あらゆることに寛大な妻になること!

念のため、恐る恐るポールに現時点でのストレス調査を先ほどしてみたところ、「日本で生活を始めてから、今が一番ストレスを何も感じてないよ」とのこと。

食事管理も、健康管理もできないけれど、ポールに家庭でストレスを与えない、ということならきっとできる。

頑張ろ。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“オットの健康管理” への1件の返信

  1. はじめまして。
    ウエスティ二頭と暮らしています。
    一昨年の雑誌に、バブーちゃん登場されてましたね(^^)可愛かったです。
    ご主人様、
    大病でなくて、一安心💕
    よかっですね。
    ご家族の愛情が一番の大切な健康管理になるのですね。
    これからどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です