努力に勝る天才なし

人気ブログランキングに参加中♪

先日、お散歩に行った公園のモクレンが、とってもキレイでした。

今日は一日中、外出もできず、頼まれたていた農業関係の書類をせっせと英訳。

北海道にいる以上、農業はとっても重要な分野・・・、だとは分かっているのだけれど、まったくといっていいほど、基本的な知識さえも持ち合わせていないため、日本語で書かれた文章の意味を理解するだけでもひと苦労。

簡単に終わると思っていたけれど、大間違い。

ネットで調べまくって、ようやく終了。

翻訳といえば、先日の通訳レッスンで指導してくれたイギリス人講師。

本業は翻訳業、ということで、言葉へのこだわりが半端じゃなく、日本語も私なんかよりよっぽど正しく、美しく、びっくり。

本人の姿を見ずに、言葉だけ聴いていたら、完全に日本人だと思ってしまう流暢さ。

私の周囲にも、ポールを含めて日本語が上手な人はたくさんいるけれど、日本生まれかと思うほどの母国語レベルの人はお目にかかったことがない。

あれほど完璧なまでに日本語を操る外国人は、テレビでは見るけど、生で見たのは産まれてはじめてで、かなり感動。

レッスンの最後に「質問は?」、と先生から言われた時、私が一番聞きたかったのは、「先生がどうやってその完璧な言語能力を身に付けたのか?」ということ。

レッスンの内容とは関係ないので聞けなかったけど、本当に語学の天才っているものだ。

どんなに頑張っても、しかも、夫がイギリス人という恵まれた環境なのに、なかなか進歩しない私のブロークン英語。

レッスンを受けるたびに、「語学の才能がないんだ・・・」と、心が折れそうになる。

どんな分野でも、人より秀でるためには、才能と努力が必要。

そのどっちかだけを持ち合わせてもダメなもの。

努力はしても、「才能」がないんじゃ一生・・・と諦めそうになる。

でも一方で、「努力に勝る天才なし」という言葉もある。

「天才」レベルに近づけるその日まで、ただひたすら「努力」あるのみ。

いいこと言ってくれる人もいるものだ。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“努力に勝る天才なし” への1件の返信

  1. いつもは読み逃げなんだけど 今日はそうよね!って私に鞭打ちました。
    今年退職して 超暇なのに 何をやっても中途半端でね・・・・
    そうよね。私はタイピングだってまともに出来ないじゃないの。
    何かを一生懸命努力することを ここに誓います
    今年も留寿都にスキーに行ったよ。来年も行くつもり
    また会いたいな!バブーちゃんに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です