雑感 : 占い

人気ブログランキングに参加中♪

基本、占いは信じていない。

その昔、恋愛に悩んでいた頃は、いい占い師がどこそこにいると聞けば可能な限り出向き、かなり高額のお金を支払ってまで占ってもらっていたけれど、今はない。

どんな相手と結婚するんだろう・・・なんて淡い夢を抱いていたころ、興味本位で占ってもらったら、

「結婚相手は、ズバリ公務員ですね!あなたに合うのは公務員の旦那。絶対。それしかない」、と言われた。

とあるデパートの『占いの館』で。

この時、確か5,000円払ってた。

もったいない。。。

「そうなんだ・・・」、と思っていたけれど、実際結婚したのは公務員ではなく、真逆、サラリーマンでもない自営業の夫。

だけど、自分には「この夫以外にはありえない」と常日頃から思う、奇跡のベスト・パートナーを伴侶にすることができた。

だから、占いなんて、一時の気休めでしかない。

その時は、結婚相手が公務員かどうかはともかく、「良かった、私もいつかは結婚できるんだ」、と安心したものだ。

そういう意味では価値があったけれど、それだけ。

友達の助言があれば、充分なレベル。

だから、雑誌の占いページもまったく読まない、興味がない。

だけど、そんな占い不信の私が、唯一信頼しているのが、北海道新聞に毎朝掲載されている『二世・易八大のきょうの運勢』。

これは、当たる!(私には)から、これだけは読む。

というより、これによってマインド・コントロールされてしまうくらい、常にビンゴ!!

毎朝、真っ先に読む。

朝刊を玄関に取りに行って、リビングに戻るまでの階段で新聞を開き、「きょうの運勢」を読むのが日課。

生まれ月による「五行易判断」で、10月生まれの「きょうの運勢」は、「礼儀正しい態度が好感を呼ぶ。明朗快活吉。吉数は1、吉色は青、吉方位は東北」。

だから、今日はとにかく礼儀正しく、あえて明朗快活に振る舞った。

それが「吉」と出るはずだから。

明らかに今日の仕事の出来自体はイマイチだったけれど、多分この占いに従ったお陰で、恐らく今日接した人たちには、少なくとも悪印象は与えずに済んだと思う。

不思議なくらいピタリとはまるので、いまや、日々の過し方の指針。

時にはその日着る服の色も、この占いの「吉色」で決める。

ある日は、不慣れな通訳業務を頼まれていて前日から煮詰まっていた。

その日の占いは、「時にはハッタリも必要。ハッタリで吉!」。

ある日は、ずっと心配していたイベントの日。

「大丈夫。8割方は上手くいく」。

もうどうしてこんなに、必要な時に必要なことを言って導いてくれるの?!と思うほど。

冒頭で、占いは信じない、と言ったけれど、『二世・易八大のきょうの運勢』だけは、今も昔も信じてる。

我ながら、大いなる矛盾をはらんでいるとは思うけれど、明日はどんな運勢か、今から楽しみ。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“雑感 : 占い” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です