なにごとも、継続は力なり

人気ブログランキングに参加中♪

今日は通訳スクールの「評価」の日、第2弾。

今週は、英語から日本語への通訳実技。

先週と同じく、You Tubeの素材を使って生徒が順番に本番モードでパフォーマンス。

緊張でいつもの実力が発揮できない人、たんたんといつも通りにこなす人。

そして、私の番。

緊張と焦りで、ダメだ・・・、ダメダメだ・・・。

自分の席に座ったまま、他の生徒さんのパフォーマンスを聞いている時は、ちゃんと自分でもできるのだけれど、「前に出ると、なぜか急に固まっていつも通りに通訳できなくなる」、というのは他の生徒さんもみんな言っていること。

それだけ、「緊張」というのは人間に影響を与えるもの。

将来、通訳になって人様のお役に立てたら、なんて通い始めた通訳スクールだけれど、「通訳」の道は果てしなく遠いことを痛感。

自分がお金を払って通っているスクールでのパフォーマンスで緊張してるようじゃ、まだまだ。

将来、「お金をもらう」ような立場になることができた時、「緊張して、うまく通訳ができませんでしたた」なんて理由にならない。

次から仕事がこなくなる。

そういう意味で、このスクールは基礎クラスの生徒にさえもとても厳しい。

「わからないからって笑っちゃダメ」、「えー、とか、あー、が多過ぎ!」、「沈黙が長すぎる!」、ビシビシ指導が入る。

頑張っても頑張ってもうまく行かなくて心はズタボロ・・・。

それでも、通い始めて約1年。

お陰で少しずつ鍛えられてきたように思う。

先日、職場にインドからの国際電話がかかってきた。

会社の代表電話にかかってくる英語の電話が、たまに私のところに回ってくる。

いまでも電話は苦手。

だから、代表電話から、「英語の電話なので代わっていただけますか?」と内線で電話が回ってきたときはいつもビクッとする。

でも、なぜか今回は、全然ビクッともしなかった。

きっと、毎週スクールでメンタルが鍛えられているせいだと思う。

なにごとも、

継続は力なり。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です