雑誌難民

人気ブログランキングに参加中♪

先日、このブログで、「自分の古さに気づいた」という話を書いたけれど、自分の外見が古くなった理由は、歳を取って「老け」が来た、という事実そのものは抗いようがない内的要因として、外的な要因としては、間違いなく、いわゆる「女性ファッション誌」を読まなくなったことにある。

定期的に購読している「女性ファッション誌」は、気が付けばここ数年、皆無。

40代女性をターゲットにした雑誌もたくさんあるし、新雑誌が創刊されるたびに手に取ってはみるけれど、何を読んでも、「何かが違う」。

ファッションに興味がないわけじゃないけれど、継続して、定期的に読みたいと思うファッション誌が何もない。

いわゆる「女性ファッション誌」歴は、10代の頃「non-no」でスタート。

10代後半から20代前半の頃は、「CanCam」、「JJ」、「Ray」、「ViVi」を毎月全誌読み漁っていたけれど、その後、30代になり、「Oggi」や「Domani」、そして、なんとなくそのまま「STORY」や「VERY」にシフトしたものの、40代で完全に途絶えてしまった。

きっかけがなかったわけじゃない。

確か35歳位の頃のある日、ブラブラとウィンドーショッピングをしていた時のこと、セレクトショップでとっても素敵なジャケットを見つけた。

試着させてもらうと、サイズもぴったり。

すごくすご~く欲しかったけど、ジャケットだけで6万円位。

もう30代だし、この位はそろそろ年相応、1着くらい勝負ジャケットがあってもいいかな、と思う一方で、他にも必要なものがあるから諦めなきゃ・・と思い悩みながら、その直後に休憩がてら頭を冷やそうと入ったカフェで、とある30代向け女性ファッション誌をパラパラとめくっていたところ、偶然にも「30代で手に入れたいジャケット」という、まさに待ってました、の特集をしていた。

ちょうど良かった、ラッキー!知りたかったのはコレ!・・・と思い読み進めてみると、30代が買うべき、1着は持っておくべき、として掲載されていたのは、「シャネル」のジャケット、50万円。

私が買うべきか否か迷っていた金額の10倍。

世の中の30代女性は、こんな高価な服が買えるものなんだ・・・とゲンナリした。

結果、6万円で悩む自分が馬鹿馬鹿しく、情けなくなって、さっきまであんなに欲しかったはずのジャケットが、私の中ですっかり色あせてしまって買わなかった。

今思えば、等身大で楽しめた「ファッション誌」の終わり、完全に「ファッション誌」に冷めた瞬間だったように思う。

以来、定期的に読む雑誌といえば、「週刊文春」と「週刊新潮」。

見出しで興味を引かれて、たまに読むのは、「週刊現代」。

完全なるオッサン化。

あとはその時々で興味あるものを読むという完全な雑誌難民。

最近、ハマってしまったジェーン・スーさんが、大人気のエッセイ集「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」の中でも「2014年雑誌の旅」として、同世代だけに、まさに同じ悩みを綴っておられる。

ジェーン・スーさんの言葉を借りるなら、「肩肘張らずに現実からすこ~し離れて明るい気分になれる中年向け女性誌、どなたか作っていただけませんかね」。

雑誌で育った中年女性の心の叫び。

かな~り切実。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です