LINEの「既読」問題

人気ブログランキングに参加中♪

メールよりずっと便利で、私も日々多用している便利な携帯ツール「LINE」。

何より手軽。

スタンプをひとつ選んで送っただけで、気持ちが伝わる面白いスタンプや可愛いスタンプも多いし、メールを送るほど深刻ではないけれど、気軽にやり取りしたい時にはとっても重宝で、いまや日常生活に欠かせない。

なんでもかんでも「LINE」。

「LINE」を使い始めて以来、仕事以外の場面でメールを使う機会は激減。

メールだと、むしろ改まったオフィシャルな感じがして避けてしまうほど。

特に助かるのが、「既読」表示。

自分が送ったメッセージを相手が読むと、瞬時に「既読」が表示される仕組みで、相手が読んだか読んでいないかがすぐにわかるので、待ち合わせの時なんかは本当に助かる。

『待ち合わせ』をしたはずなのに、相手が時間になっても来なくて、自分が間違ったのかなんなのか、相手がどこにいるか、何をしているかもわからず待ち続けたころのある、若い頃は携帯なんてなかったアラフォー世代にとっては、信じられないほど便利な夢のツール。

自分が待ち合わせに遅れそうな時、「あと5分で到着します」、「今、家を出ました」、「今、会社を出ました」と送って、相手が読んでくれた「既読」が分かればひとまず安心。

だけど、この「既読」表示が、現代人の大問題になっているらしい。

相手が読んだことがわかる「既読」表示、もともとマメなタイプじゃない私は、「助かるな~」と思う以外に感想を持ったことはないけれど、相手からの返事を待っている人にとっては、「読んだのに、返事がない」ということが、物凄いストレスになるのだとか。

メールしかなかった時代なら、「きっとまだ読んでないんだな」と思えたことが、「既読」の2文字によって、「読んだのに返信がない」と過度に反応してしまう。

そして、「無視された」、「嫌われた」、と激しく傷つき、心を揺さぶられてしまう、そんな時代なんだとか。

マメな人はマメだけど、そうじゃない人は、ツールが変わっても、そうじゃない。

ツールが便利で速報性のあるものに変わったからと言って、それに合わせて使う人の性格や対応までが変わるわけじゃない。

さっと読むことはできても、返事を返せない場面だって多々ある。

世の中、本当に信じられないほど便利になったけれど、便利なツールがなかった時代の方が、人間的なコミュニケーションを取っていた、というより、取らざるを得なかったことは間違いないく、今の時代、この便利さによって、LINEを送る方も、受け取る方も、「生きやすく」なっているんだか、「生きにくく」なっているんだか。。。

直接的なやり取りが減って機械的になっているようでいて、相手への思いやり、気遣い、想像力が今まで以上に求められる。

LINEの「既読」問題、とってもとっても難しい、微妙な問題だと思うのです。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です