英語の発音の悩み

人気ブログランキングに参加中♪

今週もまた、英語通訳の先生からのダメ出しで凹みまくりの土曜日。

しっかり予習したから通訳そのものはまぁまぁの出来!、と思ったら今度は発音のダメ出し。

先生曰く、「あなたは口の開きが足りなくて独特の発音の癖がある。LとRもしっかり出来てない。もったいないから意識して必死で直して!」。

帰宅後、いつも私の英語を聞いているポールに、「発音、酷いかな?」、と先生に注意された内容を報告。

先生がアメリカ育ちで、アメリカ英語を良しとしている背景もあって、ポールの反応は、「夫がイギリス人だと先生にちゃんと言うべきだ」、とまずは不快感あらわ。

改めて、発音のまずさを指摘された、私の英語の発音をチェックしてもらっても、「どこが問題なんだ」、とますます不快感あらわ。

アメリカ英語の大げさな発音を不快に思うイギリス人のポールに、先生が望むような発音矯正をお願いすることもできず、悩む。

あげく、「夫の自分への侮辱だ・・・」とまでいい始めたポール。

いやいやそこまでのことでは・・・、と訂正しておいたけど、英語も国が違えば発音も様々。

英語の発音の悩みは、奥が深い。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です