サプライズのいい話。良いお年を!

人気ブログランキングに参加中♪

先日、ニュージーランドでお世話になった、ポールの親友ジョンの礼賛日記を書いたけれど、1年の締めくくりに、もうひとつジョンのいい話。

イギリスからニュージーランドに6年前に移住したジョン夫婦。

奥さんのキャロルはバツイチで、故郷イギリスに、同じくバツイチの32歳の娘と孫がいる。

クリスマスには、その娘たちとスカイプで楽しそうに会話を楽しんでいた。

今年の夏のキャロルの誕生日、ジョンは彼女に内緒で、娘と孫をニュージーランドに招待した。

日程を調整し、フライトを予約、すべてジョンが企画した。

誕生日当日、仕事を終えて、いつものように帰宅したキャロルは、自宅にいる娘と孫の姿を見てびっくり!

ジョンからの誕生日プレゼントは、「娘と孫の、初めてのニュージーランド来訪」という素敵な話。

サプライズ、大成功!!

でも、ちょっと待って!、と困ったのはキャロル。

せっかく娘たちが初めてニュージーランドまで尋ねてきてくれたのはいいけれど、突然のことだけに、職場から休みをもらってない。

一緒に過したいけれど、平日は仕事があって付き合えない・・・。

もちろん、これも想定済み。

実はジョン、自分からキャロルの会社に連絡し、彼女の上司に直接このサプライズ企画の話をし、快く上司の了解をもらって、夫・ジョンの申請により、キャロルの休暇がすでに翌日から数日間取得されていたわけ。

そのことを知ったキャロルはもちろん大喜びで、最高の誕生日を過すことができたのです。

この話を聞いて、ジョンって本当に素晴らしい!・・・と感動♪

それを認めた上司の人間味もなかなかのもの。

これはニュージーランドゆえの大らかさゆえなのか。。。

そこでふと考えた。

もし、ポールが私に同じようなことをしてくれたとしたとしたら・・・。

たとえば、遠方に住む実の姉を、私に内緒で誕生日に我が家に招待してたとして、ポールが直接私の上司に電話して、私の休暇を数日間申請したりしたら・・・、どうなるんだろう。

「休暇は本人の申請じゃないと無理」、とあっさり断られるか、

「OK、わかった!休暇楽しんで」、と快く申請を受け入れてくれるか。

物事には、すべていろんなものの見方、考え方がある。

「空気を読む」ことが大事にされる日本では、人と違うことをするのは良しとされない。

モラルやルールに従うのはとっても大切なことだと思うけれど、人生に1度あるかないかの、こういう素敵なサプライズを受け入れたり、他人の幸せを純粋に喜べるような、余裕のある社会や人であってほしいと思う。

そんな2015年になりますように。

今年もお付き合いいただきありがとうございました。

それでは、みなさま良いお年を!

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“サプライズのいい話。良いお年を!” への1件の返信

  1. ニュージー日記、楽しく読んでいます^^
    私も91’にオークランドに行きました。街中の緑がとてもきれいだった印象があります。 (丘の上の1本の木とか・・洞窟のホタルなどを見た記憶が。。。)
    N・Z日記の続き、楽しみにしています。
    バブーちゃん、お利口にお留守番していたかな?
    どうぞ良いお年をお迎えください(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です