英語というより日本語の・・・

人気ブログランキングに参加中♪

英語のレッスンに通っていて、つくづく思う。

日頃から物事に対してちゃんと「考えて」、「意見を持つ」、という習慣を身に付けなければ、と。

たとえば、この前のレッスン。

出されたお題は、

・大韓航空のナッツ・リターン事件についてどう思うか?、
・パリで起きたテロ時間についてどう思うか?
・日本人人質事件についてどう思うか?
・マクドナルドの異物混入についてどう思うか?
などなど。

これらのことに対して、自分の意見を英語で表明。

起きた事件については、ちゃんと知ってる。

事件を英語で説明して、と言われたら、ちゃんと説明できる。

だけど、それについて、どう思うか?と意見を求められた瞬間にしどろもどろになって、出てくるのはただの感想か、どこかで見聞きした誰かの意見の受け売りか、そのどちらか。

情けないといったもう・・・。

英語というより日本語の問題。

普段からニュースを漫然と読んだり聞いたりしているだけで、「視点」や「問題意識」を持つ姿勢に欠けているから。

ニュースを読んだり聞いたりした後、「ふーん」、で終わることのないように日頃から心がけたいもの。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です