ポールの誕生日

人気ブログランキングに参加中♪

今日は、我が家のジョージ・クルーニー、自慢の夫・ポール、49歳の誕生日。

結婚したのは10年前のこと。

当時ポールは38歳だったわけなのだけれど、今と変わらず本当に素敵だった(笑)。

その数年前に一目惚れして、なりふり構わぬアプローチのすえ、結婚。

朝起きて、隣で寝ているポールを見て、その姿が現実のものとは思えず、「もしかしてこれは、触れると消えてしまう幻かも?!」なんて、真剣に思ったことがある。

・・・な~んて話をすると、大抵の人はドン引き。

特に年上女子の場合は、以後二度と声をかけてもらえなくなったりする。

先日の英語通訳レッスンのテーマのひとつ、外国人によく聞かれる日本の重要Q&A。

お題は、Q:”Why do Japanese wives often complain about their husbands?”
質問:「日本人の妻はなぜ夫の不平を言うことが多いのですか?」

模範解答は、A:”It’s because they want to release their frustration by complaining about their husbands. Their complaints also help develop rapport among wives.”
答え:「日本人の妻は夫の不平を言って、不満を解消しています。また不満を言うことで、妻同士の間で仲間意識を生むのに役立ちます」。

これがテキストの中で、「外国人がよく聞く日本の質問」上位にランクイン、Q&Aとして載っていた。

これを見て、ハッとした。

私が一度参加した女子会で、それ以後お誘いされることがなく、干されることがあるのはコレが原因だと思う。

私は、夫にまったく不満がない。

こんなダメ妻と一緒にいてくれることに感謝こそすれ、不満を言われるとしたら私の方で、私がポールの不満を言うなどありえない。

だから、それで仲間意識が作れないとしても仕方がない。

そんな自慢の夫・ポールだけれど、生まれ育った国も違うわけで、過去のことは数枚の写真で知るのみ。

赤ちゃんの頃は、本当に可愛いくて天使みたい。

中学生の頃は、バスケットボールやってたんだ~(12番)。

そして、バイクに夢中になった10代後半を経て、

20代でアジアを放浪していた時もあったのね~。

と、ポールの過去の理解はざっとその程度。

ポールのママから、本日イギリスから届いたバースデーカード。

この親子の字は、信じられないくらいそっくりなのだけれど、活字に慣れた私には、解読不能。

ポールに確認したところ、書いてあるのは、

”Have a lovely birthday! Lots of love and kisses. Mum and David”
「素敵な誕生日を!たくさんの愛とキスを。ママとデイヴィッド(ママのBF)より。

手書きの文字の理解もその程度だけれど、30代後半から49歳の今日までずっと一緒。

そんなポールに私からもたくさんの愛を!

・・・なんてね。

そういうことを言って憚らないないから疎まれる。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

“ポールの誕生日” への3件の返信

  1. ポールさんおめでとうございます!!
    旦那さんのことをそう言えるeri-ponさんはとても素敵と思います(*^_^*)羨ましいご家庭です!私もそう思える人に出会える様、笑顔で今日も頑張ろう!!!

  2. とっても素敵なお話ですね!アラフォーの私ですが、ドン引き全然しません。うちも国際結婚ですがいたってありがちな出会いです。でも時々国際結婚だから大変だなぁって思うことはあります。これは家庭によると思うのですが。でももちろんいいこともあります。普通の日本人男性だったらこんなに年を重ねても愛をアピールしたりしないだろうということとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です