英語といっても・・・

人気ブログランキングに参加中♪

5人の外国人と1人の日本人。

6人の集団でいると、パッと見で、ポールや友人たちに目が行くので、外国人の集団だと思われてしまうところに、私が、「流暢な」日本語で話しかけると、

タクシーの運転手さんや、レストラン、ホテルのみなさん、思いっきり安堵の表情。

「あっ、良かった~。日本語、OKなんですね!」、って、今回の旅行中、何度、「ガイドさん」と呼ばれ、有難く思っていただいたことか。

そんな唯一日本人の私でさえ、見た目だけでは、どこの国の人かわからないわけだから、彼らと一緒にいる時は、私が日本語を発しない限り、どこに行っても英語で話しかけられたのも面白い体験だった。

毎日英語漬けだった1週間。

一言では言い表せないくらい、とっても貴重な機会だったけれど、英語といっても本当にいろいろ。

現在はニュージーランドに住んでいるけれど、もとはイギリス人カップルの英語は、ヒアリングの難度としては中レベル。

大変だったのは、生粋のニュージーランド人のカップルの英語。

妻はめちゃくちゃ話すのが早い上にアクセントが強くて、夫は滑舌がめちゃくちゃ悪い。

というわけで、最初の3日間は、ほとんど聞き取れず。

イギリス人のポールも「心配するな、僕だって時々わかんない」、というほどの、ヒアリングの難度としては、超・ハイレベル。

ずっと一緒にいると、それでも少しずつ慣れてくるので、最後はほとんどわかるようになったけれど、それでも100%ではまったくない。

なんとなく・・・。

あくまでも、なんとなく・・・。

思ったのは、ポールのイギリス英語がいかに聞き取り易いかということ。

ポールは長い間、英語を教えているせいか、友人たち曰く、今は「とてもゆっくりと、キレイな正しい英語」を話すそうで、イギリスの田舎にいた頃とはまったく話し方が違うのだそう。

そんな、アナウンサーみたいなポールの英語にすっかり慣れてしまった私。

現実は、とっても厳しかった。

ポールの話が100%わかって、TOEICのリスニングで満点とっても、実生活では厳しい・・・、ということをつくづく思い知らされた1週間。

大変勉強になりました。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました