海外ドラマ「チェルノブイリ」

先日、欧米で話題のドラマ、HBOの「チェルノブイリ」を観ました。

1986年にソ連で起きたチェルノブイリ原発事故の再現ドラマ。

あまりにリアルで衝撃的でした。

ドラマの中で描かれているのは、原発事故の恐ろしさと事実を認めようとしない人と組織の怖さ。

「大きな事故ではない」、「アンダーコントロール」というのはまったくの嘘なのに、それが事実として伝わっていくのです。

信じたくない事実は見なかったこととされ、現場の専門家が危険性を訴えても、過小評価され遠ざけられてしまう。

福島の原発事故の記憶が新しいだけに、ドラマを観終えたときの後味の悪さと言ったら・・・。

きっと同じことが・・・、そう思わずにはいられないのです。

翌朝、静かなリビングで、カチッ、カチッと、小さな機械音が聞こえてきました。

何かと思って音のする方を見ると、ポールが福島の原発事故の時に購入したガイガーカウンター(放射線量計測器)がありました。

ドラマを観た夜、心配になってガイガーカウンターの電池を入れ替えたそうです。

来年は東京オリンピック。

「アンダーコントロール」は本当なのでしょうか。

このドラマを観ると、伝えられる「事実」の見方が変わります。

世界有数の原発大国・日本では避けて通れないテーマ。

観るべきドラマとしてお薦めです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

  

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です