カタカナ苗字

イギリス人の夫ポールと結婚して以来、戸籍名の苗字はカタカナです。

もともとはフランス由来の、イギリスでも恐らく数人しかいないという珍しい苗字です。

入籍以来16年、もちろんプライベートでは戸籍名のカタカナで名乗っていますが、仕事では去年まで旧姓の日本名を使っていました。

特に旧姓に強いこだわりがあったわけでなく、旧姓使用がOKの会社なので、苗字を変える手続きのタイミングを逃したままだっただけなのですが、ここ数年、戸籍名と仕事で使う名前が違うのは本当に面倒だな~と思うことが増えてきました。

その理由はやはりインターネットです。

いまや航空券やホテル、飲食店の予約は電話ではなくインターネットが当たり前で、それが仕事がらみだからと言って、仕事で名乗っている旧姓を使うことはままなりません。

そんなわけで、結婚から15年経った昨年、仕事で使う名前を戸籍名と同じカタカナに統一しました。

最初は名刺を差し出した時の相手の反応が心配でした。

明らかに和風の私がカタカナの苗字を名乗ると「???」となるのでは、と。

ところが、意外なほど誰もカタカナ苗字に触れません。

名前を変えてから半年が経過し、少なくとも100人以上と名刺交換をしましたが、「どうしてカタカナ?」と問う人はほとんどいません。

「個人情報」に立ち入ってはいけない、聞いてはいけない、というモラルが働いていること、国際結婚が珍しくない時代になったことが要因と思われます。

カタカナ苗字に変えると決断した時、このまま変えないのも面倒だけど、今このタイミングで変えるのも面倒だよな、といろいろ葛藤がありましたが、移行は意外なくらいスムーズでした。

問題なのは、旧姓の名前が名簿にないので私が会社を辞めたと思った人がいたことや、珍しいカタカナ名なので、読み間違いが多発していることくらいでしょうか・・・。

結婚当時の2004年と今、時代は本当に変わりましたね。

旧姓の使用範囲の拡大が求められている昨今、むしろ時代の流れに逆行することをしたわけですが、カタカナ苗字でも意外とすんなり受け入れられることがわかり、結果として思い切って変えて良かったと思っています。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ