良くない結果

今日はバブーの再検査の日でした。

1週間前のレントゲン検査で肺に影が見つかり、今日は精密検査のため、全身麻酔でCTスキャンを撮ってもらいました。

先生の思ったとおり、肺に約2cmの腫瘍が見つかってしまいました。

犬の場合、肺に見つかった腫瘍が良性ということはほとんどなく、「肺腺がんか気管支腺がん」という診断です。

一番恐れていたのは、もともと持病を抱えているお腹にがんができて、それが転移して肺に広がるケースですが、他の部位にはがんと思われるものはなく、「転移性」ではなく「原発性」ということでした。

肺がんの場合、人間と同じで自覚症状が出る頃にはすでに手遅れ、ということが多いので、まだどこにも広がっていない今の段階で見つけることができたのは運が良かった、と先生はおっしゃっていました。

肺の腫瘍を取り除く手術は、開腹手術よりも大変で負担は大きいものの、バブーがいつもお世話になっている先生が手術をしてくれると聞いて安心しました。

前回もバブーを助けてくれたので、今回も助けてくれると信じています。

今日は病院にお泊りなので一緒に帰宅することはかないませんでしたが、明日また先生と相談して手術の日程を決める予定です。

バブーは今年の5月に14歳になります。

大きな手術に耐えられるのかが心配ですが、手術に耐えられる体力は充分あると先生も見ているようなので、迷いはありません。

一緒に頑張っていきたいと思います。

私たち夫婦の宝物ですからね。

諦めませんよ。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

“良くない結果” への6件の返信

  1. ずば抜けた雪山山岳隊並のバブーちゃんですからね。
    体力も心肺機能も桁外れ!
    ファイトです。

    1. >チョビマロ母さん

      そうなんです。13歳とは思えない、雪山山岳隊並の強靭な体力がありますから、大丈夫です。
      今も元気にコングで遊んでいます。
      病気はきっとバブーから逃げて行きますね。

  2. 心配事がつきませんね。
    人間もワンコも年を取ると色々なところが痛んできます。
    支えてくれる家族、一緒に闘ってくれる人がいる‼️
    それは幸せなことです。
    頑張って‼️負けるな‼️こころが折れなければ乗り切れるはず。
    魂込めて元気玉飛ばしますね。

    1. >Dママさん

      本当に心配事がつきません。ここ数年、毎年なんらかのトラブルがあって、そのたびにハラハラさせられています。
      でも、バブーは運の強い子なので、きっと大丈夫です。
      たまたま早期発見できたのは生命力の強さゆえかもです。
      元気玉ありがとうございます!大感謝です!!

  3. 幾度の手術を頑張って生きた我が子ぽっけさんと重なります。
    パパママのお気持ちお察しします。
    これまでもものすごい強さで乗り越えてきたバブーちゃんですもの!
    13歳という年齢は確かに心配ですが、今回も乗り越えてくれますよ!
    がんばれがんばれ!応援してますよ!

    1. ぽっけさんもそうだったんですね。
      小さな体で何回も手術を受けて、こちらは病気を治したい一心ですが、本当に可愛そうです。
      でも、バブーは運がいい子なので、今回、思いがけず肺の陰が見つかったのも、運が良かったと思っています。
      応援ありがとうございます!バブーは必ず応援に応えますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です