抜糸

バブーの肺の切除手術から10日目。

今日は抜糸の日でした。

ポールが病院に連れて行ってくれたので、抜糸の時の状況は分かりませんが、帰宅すると元気なバブーが待っていてくれました。

傷跡も順調に回復してひと安心です。

先生によると、バブーの肺がんのステージは「ゼロ」。

転移がなく、このまま再発しないことを祈るのみですが、現時点では判断がつかないため、これから抗がん剤治療がはじまります。

まずは日曜日に病院に行って最初の治療を受け、抗がん剤がバブーに合うかどうか見極める必要があるそうです。

抗がん剤治療が始まった場合、通院は3週間に一度の頻度で投薬を続け、費用は月2万円くらいかかることになるそうですが、バブーが痛みもなく健やかに過ごしてくれるなら、精一杯やります。

夫婦共働きで子供のいない我が家ですから、なんとかなります、なんとかします。

天使のバブーがいなくなることの、心の準備がまったくできていない私たち夫婦に、神様がチャンスと時間を与えてくれたのだと思います。

一日でも長く一緒に過ごすことができますように。

ただただ、そう願ってやみません。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ