声の違和感

人の声って本当に興味深いと思います。

まったくの素人判断ですが、日本語と英語を比べると、日本語ネイティブが使う喉の領域と、英語ネイティブが使う喉の領域は明らかに違うと思います。

英語喉の方が、リラックスしていて低い領域にあるような気がします。

私的には、男女ともに日本語はソプラノ、英語はバリトンです。

そういう意味で普段から割と人の声に注目しているわけですが、先日、たまたま「あなたにお薦め」みたいな感じで出てきたのでクリックしてYouTubeで見た、アメリカの女性実業家エリザベス・ホームズの声にものすごい違和感を覚えました。

「違う・・・、これ、絶対この人の地声じゃない」、そう思いました。

かわいらしい見た目に反して、この声の低さ・・・、異常です。

人が話す声に違和感を覚えるなんて、そうそうあることではありませんよね。

調べてみると、もうね、すごい女性でしたよ。

アメリカ、シリコンバレーで、一時は革新的な技術を開発したと脚光を浴びた「セラノス」の創業者で、賞賛とお金を集めまくったものの、それが全くの「嘘」であることが判明して、すでに会社は解散して、「ジョブズになり損ねた女」、「シリコンバレーが産んだ最大の詐欺師」と言われているのです。

彼女の成功と没落を描いたドキュメンタリーも出ていました。

それを見て思いました。

声も作れるんだ・・・と。

スティーブ・ジョブズに憧れていたエリザベスは、服装はいつも黒のタートルネックでセルフ・プロデュースしていたうえ、自分の野心のために声までも変えていたのです。

たまに、そのことをうっかり忘れてしまうこともあるようで、その時の高い声も音声として残っているので、非常に興味深いです。

他者からの「信頼を得る」という意味では、低い声のほうが間違いなく有利だと思います。

特に女性の場合は重要な要素かもしれません。

今でも十分に低い声ですが、意識してもっと低い声で話そうと思いました。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です