賢さと努力

先日、英語のテキストを読んでいたとき、アメリカの大学で行われた子供たちの教育に関する面白い研究の話がありました。

子供たちを2つのグループに分けて、同じ課題を与え、課題をクリアしたときに、一方は「賢さ」を誉め、他方は「努力」を誉める、というものです。

その後、それぞれのグループにさらに難度の高い課題を与えると、「賢さ」を誉めたグループはすぐに諦めて挫折しやすい傾向がある一方で、「努力」を誉めたグループは熱心に課題に取り組み、結果として「努力」を誉めたグループの方が、「賢さ」を誉めたグループよりも良い結果を出した、というものです。

なるほど~、と思いました。

オリンピック柔道の金メダリスト・山下泰裕さんの名言として知られる、「一生懸命努力しても、苦しい練習をしても、必ずしもそれで優勝できるとか、メダルを取れるとは限らない。だが、はっきりしていることは、誰よりも厳しい練習をし、自分に克たなければ絶対に勝利はないということです。優勝とは結果であり、努力しなければ成し遂げられないものなのです」。

何事も努力が大事。

服の色が変わるほど汗をかきながら頑張る甥っ子の英語学習を見ていて、改めてそう思いました。

思い通りに行かないのが人生です。

これからどんな苦難にあっても負けないように、叔母として、甥っ子の努力を精一杯誉め続けようと思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ