病院で点滴

バブーが酷い下痢をした翌日、ポールが病院に連れて行ってくれました。

急に予約なしで行ったので主治医に診てもらうことはできなかったのですが、血液検査をして、点滴治療を受けて帰ってきました。

これまで何度か大手術をして治療を受けているので、前脚の血管が潰れてしまって、なかなか採血できず、バブーを担当するのが今回はじめてだった先生が採血に苦労していたとポールから聞きました。

その後、いったん治ったように思えたのに、また昨夜酷い下痢をしました。

運悪く、私もポールも目を離していたときに洗面所のマットに下痢をして、それを隠したかったバブーは顔を使ってマットを動かそうとしたと思われ、気づいた時には耳も顔も糞まみれになっていました。

すぐにシャンプーでキレイにしてあげて、それ以来ずっと注意深く見守っています。

昨夜の下痢以来、今度は一度もうん〇をしていないそうです。

今夜はコングを放り投げて遊ぶ余裕があるので、薬も効いて、きっともう大丈夫だと思いますが、心配は続きます。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

 

“病院で点滴” への3件の返信

  1. おはようございます。
    ちょっと安心しました。遊ぶ余裕出てきたんですね。
    心なしか、毛色が一部不調カラーになっていますね。
    早く真っ白わんこに戻りますように(^ー^)

  2. 追伸 うちは後ろ脚から採血です。
       病院によって違うのですね。
       そして、人と違って圧迫を弱めません。 

    1. うちも今は後ろ脚か首から採血してもらっています。
      いつもの先生だと最初から脚から採血していたと思いますが、この時は初めての先生だったので、前脚から採血しようとしたのだと思います。
      今週はまた抗がん治療があるので、かわいそうです。
      3週間に1回って、本当にあっという間に来てしまう気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です